Wの記録

Wこと天羽の趣味(山・酒・遺跡史跡歴史・・)の記録。信州観光情報もたまに。サークルサイトは**をご覧ください。                   (2019年9月Yahooブログより移転。過去記事は2020になったら整理します・・・

博物館/弥生時代◆銅鐸博物館(滋賀県)

出雲で大量(39個)に銅鐸が発見されるまでは、日本一の銅鐸出土量(24個)を誇っていた琵琶湖東岸の野洲市。 

当時は(というか今も)本やネットでは中々情報が得られなかったので、現地へ行った―――のが丁度10年前のこと。しかし時間が無くて写真もほとんど撮れず心残りだったところ。このGWに京都で用事ができたので、ついでに再訪してみました。

      ↓入口の石造モニュメント     館内の復元銅鐸↓

f:id:wistorian:20110102190325j:plain
f:id:wistorian:20110102194540j:plain

野洲市歴史民族博物館****

これ↑が正式名称ですが、道路の青看やガイドマップなどは全部「銅鐸博物館」になっています。そしてネット地図に載っているのは、付属する復元史跡エリアと博物館を全部合わせた名称「弥生の森歴史公園」。

惑わせますね。

更に、まともなHPが無い

そのためタカをくくっていましたが・・・・Wが今まで行った中では一番銅鐸に関して詳しい解説が整っている博物館 です!

         ↓Pからのアプローチ。後ろに見えるのが銅鐸出土場所の大岩山。

f:id:wistorian:20110102205934j:plain

相変わらず見難い敷地内マップと内容説明板 ↓ 解像度の問題だと思ってたけど違う・・・

f:id:wistorian:20110102190431j:plain

おかげで「石舞台」や「方形周溝墓」は、帰宅して写真を拡大してから気付きました。ああっ「銅鐸出土地の碑」は博物館の裏にあったのか…!!

 こっちの地図の方が見やすい ↓

f:id:wistorian:20110102190212j:plain
共同作業所って何・・・?

とりあえず先に博物館へ行きましょう。入館料は大人¥200と格安、野洲市民は無料。

1階入口にはイメージ展示と、「弥生人になってみよう!」な衣装・勾玉貸し出しブースあり↓     ↓ 復元銅鐸もここ。 1階の展示室は2つにわかれている ↓

f:id:wistorian:20110102194451j:plain
f:id:wistorian:20110102204547j:plain

 

<銅鐸に関する展示>

手前の展示室1は、ここの銅鐸の発見次第のビデオから始まり、銅鐸の種類や造り方など「銅鐸全般への理解」を深める展示。

この銅鐸の鋳造復元ビデオが凄いんです。鋳型の造り方から鋳造後の磨きまで、イメージじゃなくてホントに実演製作しちゃってる。しかもこんな土砂の型であんなのが出来るとは・・・5回も使いまわせる耐久性には絶句・・・。ビデオに夢中になってると、鋳型の模型が解説ビデオに合わせて動くのを見逃すので注意。

発見当時の村の記録では、銅鐸が「唐金古器物 からかねこきぶつ 」になっててイイ感じ。世界の鐘や銅鐸の起源にも触れていて、出雲の博物館(荒神谷)より内容が密。うわあ、三遠式と近畿式の見分け方も解説しちゃってるわ・・・(←これはカタログに載ってないので、最近の展示?

出雲の銅鐸は比較的早い時代の「鳴らす銅鐸」なのですが、ここのは弥生後期の大型な「見る銅鐸」。同范モノも出雲とは重なっていないようで、東海との繋がりが強いようです。

 

<銅鐸の実物展示>

奥の展示室2は、この博物館の裏山で見つかった「大岩山銅鐸」の部屋。中央に大きめの銅鐸が集められ、裏側も見られるナイスな展示。

出土は明治14(1881年,14個)と昭和37(1962年,10個)の2回あって、1回目は地元の子供が偶然発見し、2回目は新幹線敷設の工事中に。みな同じ大岩山で見つかっているのですが、出土場所は大きく3箇所にわかれ、銅鐸の製作時代も大きさも結構多様です。

 

一番大きな日本最大の銅鐸(134.7cm高)と二番目に大きくて絵が刻まれている銅鐸は、例の東京のアソコにあるとかで、ここに展示されているのは復元。まあ、どういう経緯でも、日本の国宝級遺物はアソコに取られてしまうものなので、これは良しとしましょう。

問題は他の銅鐸。上記の2つ以外は要らないと、残り12個はちゃんと地元の発見者へ払い下げられたのですが―――まあ、転売したんでしょうね。そうじゃなきゃ買いませんよね。当然、散逸していまい・・・・・・後年学者が当時の記録を元に探しに探したら、国内の各所(博物館や大学、寺)やドイツ・米国にまで飛んでいたとかで、ここに展示されている明治出土の銅鐸は全部復元です。つまり、私が辰馬()で見たのは明治出土の実物ってことですね。。。今でも2個は居所不明。 昭和時代までは、銅鐸所有数ナンバー1だった博物館

 

何しろ明治のことですから―――なんて言っていられません。

昭和の出土の時はなんと、発見者の工事人が古物商に持ち込み。偶然警察が気付いて転売は免れ、無事、滋賀県所蔵となりました。

しかし工事関係者に聞き取りをしたら、実はもっと前に山頂近くで1個発見していて、なのに同じく届出ていなくて。(これが24個中、唯一の流水紋!)

それも取り戻せたから良かったですが、今は世界に誉めそやされる「日本人のモラル」も、元々はそんなもんなんですよ。

というわけで、この昭和出土の10個(重要文化財)は実物。県内で出土した県所蔵の銅鐸も実物です

*************************************************************************************************** 

展示物の写真撮影は禁止ですが、展示内容が全て掲載されているカタログはカラーで¥1000とお値打ち(但し、今回の再訪時には売切れ完売)。出土した銅鐸のカタログはこれまたオールカラーで¥400と、大変お安く見やすいです。

 おお、三上神社と兵主神社遷座ウン年の記念冊子まで発行してるぞ。買いだ!

 常設展示カタログ↓      出土物カタログ↓      体験教室メニュー↓ 

f:id:wistorian:20190824200039j:plain
f:id:wistorian:20190824200130j:plain
f:id:wistorian:20110102192358j:plain

 ↑ 表紙はこの色に金の箔押しで「??」状態。凝ったデザインが裏目に出て字も読めない・・・

博物館としてもまあまあ良いのではないでしょうか。

ただ、各所にある解説音声や解説ビデオが全部センサーで勝手に開始し、その音がかなり大きいので、この狭い展示室ではとても耳障り。読みたい解説板の内容が頭に入ってこない・・・ ボタン式にして、音量さげてくれないかなこれ・・・

 本来は「市の博物館」なため、廊下には他の遺跡の出土物が並べられ、2階の企画展示室にはズイキ神輿など野洲の祭りの民俗展示や天保一揆の資料、永原御殿の復元模型があります。

 

<弥生の森>

銅鐸を満喫したら外へ出て、弥生の森歴史公園を散策します。

f:id:wistorian:20110102191050j:plain
f:id:wistorian:20110102191308j:plain
f:id:wistorian:20110102192311j:plain

体験教室の建物↑      復元古代住居と高床倉庫↑      スイレン池↑

他にも大賀ハスや赤米の水田がありました。敷地はそんなに広くはないですが、入り組んだ園路に桜やツツジが植えられてよく整備されています。「すいません、いま何も花が無いんですよ」と作業中の造園スタッフに詫びられましたが、大丈夫。私の目的は花じゃありませんから!

「山の神」↓この黒鳥居も奇異だけど、結構大きいんです↓これ。凄いインパクト・・・

f:id:wistorian:20110102191653j:plain
f:id:wistorian:20110102191744j:plain
f:id:wistorian:20110102191859j:plain

  うおおおお・・・うちの庭にも欲しいいいい。  あ、ここにも「つっかえ棒信仰」↑…

 ↓ 復元古墳「宮山二号墳」  ※この後ろのネット↓をよく覚えていてください

f:id:wistorian:20110102205541j:plain

昭和の銅鐸出土の時の工事で発見された、7世紀初頭の円墳。石棺あり。

「大岩山古墳群(国史跡)に属する最後の築造古墳」だそうですが・・・・↓ 広域地図 

f:id:wistorian:20110102205558j:plain
f:id:wistorian:20110102205418j:plain

f:id:wistorian:20110102205501j:plain

あれ? 国道8号(R8)の向こう ↑↑↑ に古墳群がある??

そういえばここへ来る時、R8を南(上記の地図で言うと左)からのぼってきて立体交差点を右折したのですが、その交差点の案内看板「銅鐸博物館→」(右)「弥生の森歴史公園→」(右)の下に「←弥生史跡公園」(左)を見ました。

「ええええ??史跡公園と歴史公園は違うの??」と惑いながら右折してきたのですが・・・気になる。

博物館スタッフに聞くと

「ああ、生史跡公園のことじゃないですか?」

すみません老眼で。でもその「桜生」の漢字を正しく認識しても「さくらばさま」とは誰も読めないことでしょう。

というわけで、続きはそちらへ・・・

韓国について

昔からかなり色々思ってまして。

 

まず私は、昭和末期から、韓国に非常に興味があります。

韓国(朝鮮半島)は「弥生文化の源」であるし、「渡来文化の発地」でもあるし、DNA的にも「我らの祖」と言っても差し支えないし。。。。

 

それは韓国だけじゃなく、キルギスコーカサスベトナム北方もそうで、興味度で言えば「その先」のシベリアやずっと先の中南米にも言えることなのですが・・・

モロ「お隣」だと、やはり 特別な感じ 

しかもニホンの弥生時代が「歴史」と言えないのに、朝鮮半島は中国の影響で史料が中々に残ってる(中華思想漬けだけど)。つまり「弥生学の師」なのです、韓国。

 

なのに「ああ、韓国へ行きたい」「韓国語を習いたい」と熱に浮かされていた1980年代終盤(平成元年)。通学でたまに通る大宮駅で、チマチョゴリの女の子を見かけて「かわいい」「あれ、着てみたい@」「知り合いになりたいな~」と言った私に対しての、実母の言葉が最初の衝撃でした。

 母「やめてちょうだい、あんな朝鮮人の服なんか」

 母「恥ずかしいでしょう!」

ポカーン・・・・・・

 

朝鮮人? ああ、北朝鮮民共和国ってこと? そっか、大韓民国じゃなかったのか・・・? でも、何が恥ずかしいの???

 

 母「あれは民族衣装でしょ。悪目立ちする、すごく変。」

 W「和服だって民族衣装だよ?」

 母「日本の衣装はいいのよ、ここは日本なんだから!」

 

どうも要領を得ませんが。。。

つまり「チマチョゴリを着ているあの子たちが、日本で悪目立ちしていて変」「同じことをすると恥ずかしい」ということらしい。

チマチョゴリ、16歳の私には「カラフルでエキゾチックでステキ@」にしか見えなかったので、この時は実母を「変な人だな」「古臭いこと言う人だな」「もしかして学が無い?」と思いました・・・

 

でも、その吐き捨てるような言い方に「背景に何かありそうだ」と感じ―――

知りたいと思って調べても、当時はWindows95も無い時代。携帯どころか、ポケベル前夜です。まだ国会図書館も利用していなかったし、お金が無いので行くのは図書館か古本屋、当然韓国についての書籍はあまり見つからず、あっても「日本人が書いた、漢字表記のもの」ばかり。ハングル文字などは「日本古代史のなんちゃって文書を解説する本」に、イツモ文字との対比で出てるだけ。

呆然・・・です。

 

それなりの大学へ行けば学べたと思うのですが、いかんせん理系だったもので・・・高校でも世界史を学ぶ機会は無く、独学で日本史(但し奈良時代まで)を勉強しただけ。韓国併合どころか、江戸幕府にすら行き着けません。通った大学は学部柄「神道」なので『新撰姓氏録』や『古事記伝』などの国学関係書籍は普通に図書室にあったし、中南米(移民先)の記録などは豊富だったのですが、アジアはあまり無くて・・・

 

そうやって「韓国・・・」と思いながら漫然と過ごし、卒業後は海外へ赴任。忘れたわけではないのですが、赴任先の文化に夢中になり、韓国熱は水面下にすっかり沈んでおりました。

 

ところが1999年春に帰国してみたら・・・

 

なんと、韓流ブーム(by ヨン様)とやらがニホンを席巻したとかで、誰もが「韓国、いいよね」「韓国行きたい」と言うじゃありませんか・・・!!

再び、呆然・・・ここ、ホントにニホン???

 

ああっ、ちゃんと「ハンりゅう」って言ってる。。。「アンニョン」通じる!

ソウル直行便も増えてるし、韓国行(プサン!!チェジュ!!)のツアーパックがこんなにある!!

 

アイドル頼みのインフレ的なフィーバーでしたが、以前の風潮を考えるとまさに「別世界」。「私、韓国好きなんだ」と言っても、誰も「はあ??」って眉しかめた顔しない、初めての世が、ニホンに・・・!!><  ちょっと、感動しました・・・。

 

さすがに母ももう「バカチョン」「毛唐」なんて言いません。というか、そんな恥ずかしい言動は家族も周囲も許しません。

良し良し。これでこそ先進国、平成ってものだよなあ・・・

 

しかし、飛んで令和の2019年。

韓国で反日不買運動が盛り上がったこの夏、北アルプス表銀座から西岳に入り、槍ヶ岳を目指すテン泊縦走をしていた時。

有名ルートではよく、韓国人の登山者に遭います。中国人より多いですし、山域によっては「最も多い外国人」です。朝鮮半島には高い山、ありませんもんね・・・

でも山中の標識や小屋の案内にハングルは無いし、地図を見ている様子も無く、ひたすらスマフォで頑張っているので少々心配で余計目につく・・・この縦走でも、何人かに遭いました。

皆さんすれ違いでも「アリガトー」「コニチハー」「スミマセー」と変な日本人よりよっぽどにこやか。欧米人との違いも何も無く、新羅オタクの私は「どこ出身かしら・・・キョンギドだったらトモダチになりたい・・・タオル落としてみようかな・・・」と変な妄想を膨らませておりました。

 

さて本題。

西岳は地理的に「ここに荷物を置いて、槍ヶ岳へピストンアタックしよう」な人が多いのですが、無常にもヒュッテ西岳は

「テントも荷物も置いていかないでね!」「小屋にも置いていけないからね!」

なツンツン小屋。来てみて初めて知るこの部活ルール。私は「はあい」と返事しておいて、小屋から離れた登山道沿いにザックをデポしてピストンしましたが、私よりずっと年配の方数人は、言われた通りテン泊装備を背負ってピストンしていました。

日本のシニア、すげえええええ。

しかし―――

 

「凄いですね!私そんな体力無いので・・・ズルしてすみません 」

「いやいや、私らも置いていこうかと思ったのだけどね・・・ほら、テン場に韓国の団体が居たでしょう? ちょっと何されるかわからないからねえ・・・」

 

・・・・えええええ????

耳を疑いました。この「あからさまな人種差別(侮蔑?)的発言」を、何故私に、笑いながら平然と言う??

 

――――私が日本人だから?(日本語ペラペラの韓国人だって居るのに!)

――――現在の好韓日本人は、若い子だけだと思ってる?

    (最近の「にわかファン」よりよっぽど韓国押しだってば!!)

 

それにしたってこんな、「自分はローカルな精神異常者です」と言ってるも同然のことを、まるで恥ずかし気もなく言うとは・・・

自分が他国で「Jap」「日本人は何でも盗むから」とか言われたら怒るし悲しいだろうに、逆の立場だと罪悪感無く平気で吐く、この不思議。。。

 

ええと・・・

そもそも、何人を想定していても、犯罪者を増やしちゃ(=金目のものを置いてっちゃ)イケマセンよね?

そして金目のモノじゃなきゃ、重量勝負のテン泊縦走(→この西岳を通るということは「=最低2泊のロングコース」です)、つまらないモノを掠め取り嬉々として背負うような筋肉バカは居ませんし、居たら逆に「おお、くれてやるわ」ですし。それにこのご時勢、韓国から日本にただ登山に来るってことは、それなりに見識と矜持のある人ってことだと思いますよ・・・?

 

もしくは「何も考えていない山オタク」かもしれませんが、それなら尚更、私たちと同じく「山ファースト」でしょう。

もちろん、槍ピストンから戻って荷物を見ても、誰一人触りさえしなかった模様。当たり前です。そんな酔狂、山に居たらビックリだ。クマが物色したり、カモシカが蹴飛ばしたり、ライチョウに糞される可能性の方が遥かに高い。

(北海道はそういう意味で「基本、デポ禁止」らしい)

 

かの発言者は、お見受けしたところ70代。戦後すぐの生まれ、かな。ああ、実母と同年代か。。。

「何を言ってももう仕方のない世代だ」と私も諦めちゃいけないのですが、固定観念とか、育った時代背景が押し付ける価値観っていうのは、難しい、です・・・ 他人がどうこう言って簡単に変わるものでもナシ。そうでなくとも「他人を変えるのは至難のワザ」「だからまず、自分を変えよう!」が平成のセオリー、ですしね。。

 

******それでも言いたいこれだけは******

中国政府のゴリ押しには誰だってウンザリするけれど、それが政治ってものだし、中国人の「個人」には関係ないでしょう?

海外に行って「日本軍は昔こんなことをした」って言われても、戦後のワタシタチは「過ちを繰り返さないよう、お互い過去を忘れず交流し、理解しあう努力をしよう」としか言えないでしょう?

過去ならまだいいけど、現在の中国人個人、特に内陸人や少数民族人などは選挙権ナイに等しいのだから、「いや、そんなこと言われても・・・」ですよ=3

 

トランプになった途端にUSAへ対する感情が悪くなった人! あの国の選挙は特殊なの!それに、マイノリティを大事にする風潮あるの!あれが「クニの総意」だと思われて困るのは、こっちもあっちも一緒なの!!

 私だって「アベが嫌いだからニホンも嫌い」「あなたも嫌い」と言われたら「ちょっと待って――!!」「国家と個人を一緒にしないで――っ!!」「あいつに投票してないしー!!!」「そもそも首相は国民が選んだわけじゃなーっっ!!」って叫びますわな。。。。

 

根本的な選択権のハナシをすれば、「選んでこの国に生まれたわけじゃないけれど、移住するほどの不便は無い」のが普通です。「移住したいけどできない」人は確実に居ます。亡命とか脱○とかする必要のない人生は、じゅうぶんシアワセなわけです。

だからって、「お国」のやることに誰もが納得・賛成しているわけではない。これは「戦争を忘れない」はずの日本人が、一番わかってなきゃイケナイことなんだと思うんだけど、なあ・・・?

★北ア・白馬岳(長野県)~風吹・千国揚尾根~

久々にしっかり降った梅雨で楽だったけれど、明けたら今年もバッチリ猛暑な2019年。マイホームも庭造りもひと段落しました。「よし、涼しい山で過ごそう!」と久しぶりに真夏の縦走へ・・・

でも、標高が高くても遮る物も無い森林限界+ハードな行程では、丸焼きの暑暑で平地同然。夜は涼しいけれど、日中はドロドロです。。。そうだった。問題は標高ではなく緯度だった。やっぱり真夏は、白馬はくばまで行かないと・・・!!

 

 ★★北ア白馬岳しろうまだけ  風吹かざふき・千国揚尾根~★★

標高差:往路UP約2,020m/DOWN約420m   歩行距離:往復約32km

登山口:北野P(中小谷) 条件:一人、晴天、オールセルフキャリー

日程:2019年8/16(土)~1 

f:id:wistorian:20110101235353j:plain

白馬岳は登頂ルートが沢山ありますが・・・・・・昔行ったロープウェイ利用の「栂池ルート」は登山道大渋滞でウンザリ、新潟側の蓮華温泉ルート」は日帰りに最適ですが松本からは結構大回り、でも超大渋滞の白馬大雪渓なんて絶対行きたくありません そして9月中旬からは白馬でテン泊出来なくなる寒がりのWにとって、白馬は非常に「アタックしにくいエリア」。なのに山頂では毎回モヤモヤのガスガスで、一度も眺望を味わったことがないため「いつかは!/今度こそ!」リストに入ったまま、数年経過。。。。こんなのばっかりだな、もう・・・

しかし、見つけたのです。例え大繁忙期でもPにスルっと停められそうな、マイナー登山口を!! 

******************

恐怖の9連休のラストの週末は、好天予報。

まずは朝5時に自宅を出発し、高瀬川沿いを北上。白馬から大人しくR148に入り、南小谷まで行きます。目当ての北野登山口「道の駅 小谷」から南下するとわかりやすいのですが、今回は「南小谷駅」を過ぎた後の「下里瀬」交差点を左折し、「中土」の駅前で左折して西側の集落を縫いながら登ってショートカット。

 この後T字路が2回出てくると思ったのですが実際は駅から4.5km程の地点に1回だけで、そのT字路を左折すると「道の駅 小谷」からの道に合流。直後のゲートには「林業用道路です」の注意看板に加えて、ここが小谷ヒルクライム「深山遊園コース」である旨を記す標識も。あ、このコース案内を見ると登山口のアクセスわかりやすい! へえ、この道、「6月一杯まで通行止め」なんですね。

以前土沢登山口から風吹かざふき岳に登った時に「北野登山口は最後まで舗装路らしい」と聞いた通り、舗装は最後まで施されていましたが・・・

わわ、木の枝が大量に道に落ちてる・・・ゆっくり踏み倒して進んでも、車とこすれて凄い音が 誰もここ、通ってないのか――っっ!! 3回ほど車を降りて、大枝を撤去。マイナールートならではの面倒が・・・

そうでなくとも、頻繁に出てくるヘアピンカーブにはミラーが1個も無いので、速度は出せません。サードギアでドコドコと、「深山遊園コース」の終点から更に坂を登ると・・ゲートから4kmほどの、↓舗装路の 終点突き当たりにP(H約1,100m?)。

f:id:wistorian:20110101000316j:plain

無人。というか、何も無い・・・↓   鳥獣保護区域の案内看板が一個だけ↓

f:id:wistorian:20110101000107j:plain
f:id:wistorian:20110101000056j:plain

地図を見ると北野Pはもっと上らしかったのですが、ここからは大きめ石のジャリ道。新車のお腹をこれ以上傷つけたくないし、このPには日陰になる場所があったので、ここに停めます。

ジャリ道では 蝉の大合唱。暑い・・・そしてやっぱり、ザックベルトの形状が合わない・・・3月の20%OFFでは靴を買い換えようと思ってたけど、ザックにしよう…

f:id:wistorian:20110101001525j:plain
f:id:wistorian:20110102090259j:plain

途中、舗装されていたり↑ 車が停められそうな場所↑が、2~3箇所ありました。下のPから500m(10分)ほどで、↓北野登山口(H1,333m)到着。ここ↓も数台停められます。

f:id:wistorian:20110101002058j:plain
f:id:wistorian:20110101002024j:plain

が、日当たり良好   唯一の車は、おそらく「山荘主人の車」↑↑

風吹かざふき大池へ登るルート」のメイン登山口は土沢つんざわ登山口だから、ここが満車になる(?)のは紅葉のシーズンくらい。且つ、白馬岳アタックにしては長丁場だし、この時期にここを選ぶ人は少ないだろうと思っていましたが・・・まさか一台も無いとは(笑)

 

<1日目> 北野P--->白馬大池

標高差:UP約1,300m/DWN約230m、距離:11km、時間:4時間40分(8H)

落ち枝で予定より少々遅れました。朝7時、白馬登山、スタート! 

f:id:wistorian:20110101002143j:plain
f:id:wistorian:20110101002130j:plain

最初は緩やかに↑↑草っこワサワサ・・・  土沢つんざわルートと同じ標識!↑ この3.5kmは風吹山荘までの距離ですね。この登山口周辺までが「深山遊園」らしくて、村でタケノコや山菜管理をしている旨の看板アリ。登山道左右には「側道には立ち入るな」的な注意書きとロープが出てきます。右手にはベンチのある広場もあった。そしてくだりになると、早々と木道↓(ゲタ)出現。土沢つんざわほどじゃないですが、結構な湿潤です。

f:id:wistorian:20110101002547j:plain
f:id:wistorian:20110101003154j:plain

何度か森林帯を緩く小さくアップダウンする↑とこが、唯一土沢つんざわルート違う点かな。そのうち急坂の小さいジグザグが始まり、道は狭くグチャ気味で休憩出来るようなポイントが無いとこまで同じに。「あと2.5km」(=1km地点)の標識を過ぎて巨木が見えると尾根の先っぽい広めの場所↓に出たので、やっと休憩=3 この後は↓緩~く移動。

f:id:wistorian:20110101011330j:plain
f:id:wistorian:20110101012439j:plain

またくだって登り↓この階段を登ると「2km地点」↓ ↓初のミニベンチあり。

f:id:wistorian:20110101013812j:plain
f:id:wistorian:20110101013928j:plain

この後、また急坂ジグザグが始まります・・・このルート、土沢つんざわより登山口の標高高いけど距離は500m長いし、緩い部分がある分急斜面凄いし、何度もアップダウンしてるから標高差も多いのでは・・・う~ん、体力無い人は、土沢つんざわルート(片道3km、アップダウン無し)の方が良さそうですね。

この鉄のミニハシゴ↓を登ると「3km地点」を通過し・・・↓

f:id:wistorian:20110101020859j:plain
f:id:wistorian:20110101021904j:plain

尾根先に出ます↓。ここからまた緩くなって、岩が集合している横を通ると

f:id:wistorian:20110101022314j:plain
f:id:wistorian:20110101022646j:plain

植生保護のためらしき低い木道(区切りがあって歩きやすい)↑ 

前回下から見た階段↓(これも滑り止め構造があって降りやすい)を降ると・・・

f:id:wistorian:20110101022831j:plain
f:id:wistorian:20110101022931j:plain

沢登山道との合流点です(右手が土沢方面)↑ ここを左手に進むと、北野登山口から1時間40分(3H)で、↓風吹山荘(H1,780m)。 

f:id:wistorian:20110101023036j:plain

今回の登山口~白馬岳の位置関係はこんな感じ↓ キャップ無しストック禁止!↓

f:id:wistorian:20110101023107j:plain

ここから更に下草激しく、↓木道の上にも生い茂りまくり↓

f:id:wistorian:20110101023207j:plain
f:id:wistorian:20110101024239j:plain

誰も通らないからか昨日の雨をまだまだたっぷり含んでいて、あっという間に靴がグッショに つま先からやられるので、スパッツしても意味ありません。く・・・っキモチ悪っ まだ先は長いのに   風吹大池↓(この周辺は前回の記事をどうぞ)

f:id:wistorian:20110101023416j:plain

山荘から10分ほど登ると↓風吹天狗原。f:id:wistorian:20110101024528j:plain

高層湿原の後期でもうあまり地塘は無いのですが、人が少なくて雰囲気良い ここで初めて他の登山者に遭遇。Pから栂池との合流点までに3名とすれ違い。

木道を進んで↓ミズバショウの道(3/13)に入って登り、左手が崩壊斜面な↓降りになると

f:id:wistorian:20110101025107j:plain
f:id:wistorian:20110101025224j:plain

山荘から15分ほど(1km)で、↓蓮華温泉方面(笹目尾根ルート)との分岐点(H1,837m)

f:id:wistorian:20110101025634j:plain
f:id:wistorian:20110101025645j:plain

いよいよ栂池の天狗原に向って↓千国揚尾根4kmの旅です。う・・更に↓↓下草が・・

f:id:wistorian:20110101025658j:plain
f:id:wistorian:20110101031251j:plain

左手眼下は崩壊斜面で綺麗だった↓   この区間にも池塘あり↓↓

f:id:wistorian:20110101030840j:plain
f:id:wistorian:20110101032451j:plain

森林帯だから日陰でうっそうとしてるにしても1800m超えのしかも「尾根」なのに、ここも凄い湿潤で・・・(土質のせい?) 隙あらばタルミや船窪で繁茂するミズバショウ(大型)↓↓ ゲタもたくさん設置されてましたが↓↓、追いつかない感じ。。。

f:id:wistorian:20110101042445j:plain
f:id:wistorian:20110101034452j:plain

=休憩場所が無い。たま~に倒木や岩があっても苔や腐敗でビチャビチャだし、なにより低地で窪地で蚊が多い 靴紐結ぶために1分立ち止まっただけで4~5箇所刺された・・・ またアップダウンも多い多い・・・ここ通るの秋にした方がいいかも・・・「13分の3」を過ぎると↓道が荒れてきてますますグッチャに↓

f:id:wistorian:20110101042312j:plain
f:id:wistorian:20110101043210j:plain

ところが「3km地点」を過ぎるといきなり道が乾き、ネマガリタケが繁茂。刈ってあるけど歩きにくっ そのうち段々緩くなってきて、「13分の2」からはしっかりした木道が出現↓し、湿原チックに。右手には白馬乗鞍岳の東斜面↓が見えてきた。

f:id:wistorian:20110101045931j:plain
f:id:wistorian:20110102051312j:plain

木道が壊れてる部分は、シノタケを刈った脇道↑(歩き難い)を通るようになり・・・

↓栂池天狗原の東端に、到着!↓

f:id:wistorian:20110101045730j:plain
f:id:wistorian:20110101050007j:plain

うわああああ~・・・綺麗・・・ 高層湿原の段々地塘・・・↑↑ 凄いっっ

f:id:wistorian:20110101052136j:plain

狭いですがここ、メインエリアよりステキ・・・なのに人っこ一人来ません(笑)

時間に余裕アリアリなので、滅多に人が通らないという「山の神尾根ルート」との分岐点の木道へ座り込み、湿原や乗鞍岳の斜面を見ながら長めのコーヒータイム

f:id:wistorian:20110102051136j:plain
f:id:wistorian:20110102051213j:plain

もっと滞在したかったのですが日差しが強くなってきて素兎になりそうだったので、20分で白馬大池に向って続行。歩き始めるとすぐ、山荘から2時間(3H)で、栂池ルートと合流↓(H2,200m)。←栂池 山頂→    木道の幅が2倍になった↓↓

f:id:wistorian:20110101052601j:plain
f:id:wistorian:20110101052634j:plain

ここから人が多くなりますが、もう午後だったので意外にマバラでした。そして渓流岩道開始↓ この岩のまま登りがキツくなって水がなくなり↓↓10分ほどすると・・・

f:id:wistorian:20110101052714j:plain
f:id:wistorian:20110101053018j:plain

視界が開けて↓栂池天狗原が一望!↓ ←風吹方面   ここ↓が合流点  栂池→→

f:id:wistorian:20110102045642j:plain

この斜面↑はとにかく岩ゴロ道↓(大好き)   ↓雪田もまだ残ってた

f:id:wistorian:20110101054451j:plain
f:id:wistorian:20110101060342j:plain

雪田の後を少し登ると、また↓緩~く広~く なり・・・

f:id:wistorian:20110101061539j:plain
f:id:wistorian:20110101062456j:plain

合流点から40分で、白馬乗鞍岳のケルン(H2,450m)↑ 標識に「山頂」「2436.7m」とあるけど「2436.7m」の三角点はもっと下だし、実際の最高地点(H2,469m)はもっと南。ここから西へ進むと、↓雪倉岳白馬大池↓、赤い屋根の↓白馬大池山荘

f:id:wistorian:20110101063257j:plain

相変わらずイイ立地・・・ 再び↓岩ゴロ路を降っていくと、池の畔に↓

f:id:wistorian:20110101063218j:plain
f:id:wistorian:20110101064335j:plain

池の水はとても澄んでいて、↓クロサンショウウオ↓が大量に棲息。 ちっさい・・・

f:id:wistorian:20110102040709j:plain

オオサンショウウオを想像していたので、最初見た時コレ、足の生えたオタマジャクシかと・・・  栂池合流点から1時間(2H)で、白馬大池山荘↓(H2,380m)。

 

f:id:wistorian:20110101064845j:plain

ここのテン場は1張¥1200と高めですが、3方がピークに囲まれていて風は穏やか、フルフラットで段差も無し、トイレはテン場に近いのに綺麗だから匂わない、しかも雪解け水が豊富で無料な上にテン場に蛇口で供給!と↓ ↓ 、北アにしては環境が大変良いのです ↓白馬岳方面から見たテン場と山荘

f:id:wistorian:20110102025313j:plain
f:id:wistorian:20110102025410j:plain

しかし夜になったら・・・うわ、寒い!!しまった、そういえばお盆を過ぎたらもう、信州も山も真夏じゃなかった。。。 防寒寝具を持ってきていなかったので、急いでカイロ貼付

 

翌朝3時半頃。明るいので朝かと思って起きたら、恐ろしいほどビカビカの月が一帯を照らしまくってました。。。そういえば以前ここに泊まった時も、キモチ悪いほどギラギラの天の川や世紀末かと思うような流星群が見えたっけ(なのに翌朝は大嵐)   でも今回は、雲ひとつない晴天!↓(朝5時)             月↓

f:id:wistorian:20110101222235j:plain

テントはそのままですが食料は全部持って・・・軽装で出発!

<白馬岳ピストン> 大池山荘<――>白馬岳

標高差:UP約740m/DWN約190m、距離:往復11km、時間:3時間10分(6H10m)

しばらく歩くともう暑い・・・結局防寒着ゼロで往復できました。さすが、8月。船越ノ頭に登ると↓↓アップダウンが始まり、早々と山頂が丸見え↓ さすが晴天・・・

f:id:wistorian:20110101225712j:plain
f:id:wistorian:20110101231734j:plain

白馬大池山荘から50分(2H)で↓↓小蓮華山(H2,766m)。  健在

f:id:wistorian:20110101233004j:plain
f:id:wistorian:20110101233020j:plain

ここから山肌がどんどん白くなり↓ 小蓮華山から20分(30m)で↓三国境(H2,751m)

f:id:wistorian:20110102000911j:plain
f:id:wistorian:20110102001213j:plain

この稜線でずっと右手に見えている雪倉岳富山県)↑がとても綺麗で、たくさん写真を撮ってしまった。。。。あそこもいつか行きたいけれど、テン場が無いんですよね。朝日岳とセットで一泊周遊、かな。 この先はもうアップダウンは無いけれど、何度か緩急を繰返し↓↓・・・三国境から30分(1H)で、白馬岳山頂↓(H2,932.2m)

f:id:wistorian:20110102002723j:plain
f:id:wistorian:20110102004925j:plain

初の山頂眺望・・・!  ↓立山          ↓剣岳

f:id:wistorian:20110102005651j:plain

肉眼では見えてた富山湾↓   平野にうっすらと↓↓黒部川の流れが・・・

f:id:wistorian:20110102004359j:plain

栂池自然園や栂池天狗原まで見えたし、この↓傾斜の差もまざまざと・・・

 ←信州側(ガケ) 山頂から↓南を撮影。   山頂↓  富山側(なだらか~)→

f:id:wistorian:20110102005722j:plain
f:id:wistorian:20110102010317j:plain

これで目的は果たしました。8時チョイ前、下山です!

大池↓が見えてくる頃には、また信州側(右手)からガスが!><f:id:wistorian:20110102015317j:plain

予定より時間を縮められたので、頭手前でガスを背に、絶景を見ながら長めのコーヒータイム 山だと甘いモノがとても旨い。。山頂から1時間半(2H40m)で帰還すると、同じ白馬岳ピストン組がたくさん居たらしく、まだ3分の1のテントが残っていました。水や栄養を補給し、テントを撤収して、11時出発。

 

<下山> 大池山荘――>北野P

標高差:UP約230m/DWN約1,300m、距離:11km、時間:3時間25分(5H50m)

下山は栂池ロープウェイ組と時間が重なり、なんと乗鞍岳東端から雪田が渋滞

ここら辺↓(奥)が風吹。             栂池天狗原↓

f:id:wistorian:20110102044434j:plain

子供が縄を伝わないと降りられず、後続の他人の大人たちまでヨロヨロと縄を伝っておりてます。この縄待ちが渋滞を引き起こしてる。階段状の足跡があるのに、何故・・・縄持たなきゃおりられない程度の登山スキルならアイゼン持ってくるべきだし、そもそもこんな傾斜も緩く危険の無い雪田(もし滑っても下が盛り上がってるから止まる)はストックあればじゅうぶんです。。。これだから意識低い系の素人が多い簡単人気ルートはイヤなんだ

10分以上待っても全然進まなかったので、行列から離れた処(=万が一滑っても他人を巻き込まないルート)へ行って雪田に降りて、カカト降り。ストック無しでも全く問題ありませんでした。。。 ↓待ち時間が長かったので風吹方面の崩壊部分を拡大撮影

f:id:wistorian:20110102045346j:plainこの先でも、岩ゴロ道をスルスルおりられない人(主に女性と、ヤワっこい男性)が渋滞を引き起こし・・・

気の利く人は常に背後を確認していて、こちらに道を譲ってくれますが、自分のことで一杯一杯の人は全然ダメ。こういう人にいきなり「抜かします」なんて声をかけたら、こんな岩道では驚いて転びそうなので、仕方なく無言で後をつける始末。 クマ鈴は鳴らしているのに、こういう人ほど負けず嫌いなのか・・・背後に気付くと無理にスピードアップ(それでも凄く遅い)して危なっかしいので、一定の距離を取ります。まるでストーカーです 体力も筋力も無いなら、もっと余裕を持ってゆっくり行動して、優雅に譲る方がスマートなのに。。。

最近煽り運転がクローズアップされてますが、「異常な短気で煽る人」と同様に「煽られるような行動してる我の強い人」も、撲滅してほしいです。

 

おかげで山荘から50分(1H30m)で、分岐点(H2,200m)到着。この先休憩できる場所がしばらく無いので、昨日と同じ場所で再びコーヒータイムしてから千国揚尾根へ突入。乗鞍岳の雪田が見える↓のもここが最後・・ この地塘を過ぎると↓栂池天狗原は終わり。

f:id:wistorian:20110102051214j:plain
f:id:wistorian:20110102053504j:plain

帰りは草露も無く、日陰が多く風もあったので昨日よりは快適ですが・・・蒸し暑い。多分もう、このルートを通ることはないだろうなあ・・・

蓮華分岐から5分くらい降り、風吹大池の畔のベンチで休憩↓

f:id:wistorian:20110102072107j:plain

ああ、直射日光が熱くて暑い・・・やっぱりもっと遅い時間に下山したかった

栂池との分岐から1時間30分(2H20m)で、風吹山荘(H1,780m)。ここからが、キツいんんですよね・・・まず最初の急階段の登りはイイとして、その先はアップダウン祭りだし、休憩場所2箇所しか無いし、↓この降り急斜面↓と言ったら!

f:id:wistorian:20110102084303j:plain
f:id:wistorian:20110102083724j:plain

段差がない急斜って本当にキツい。靴が前にズレて、爪が・・・っっ 

早い時間に低地におりたくなかったので、ミニベンチと巨木のところでたっぷり休憩 風吹山荘から1時間5分(2H)で、北野登山口(H1,333m)帰還。そこから10分弱でP帰還。まだ16時前・・・蒸し暑い~~

そして帰りの車道でとうとう車のお腹に枝がひっかかってガリガリ言うので、「深山遊園コース」の終点で停車したら、「池のほとり」だけあって湿気ムンムンで車の中にハエがわんさか入り込み。窓全開にして追い出そうと手で払っていたら蜂も混じっていたらしく、うわ、右手刺された! もう、散々です・・・

総合評価・・・千国揚尾根は9月以降に通った方がいい!

*************************

帰りは林道をまっすぐ降りて、「道の駅 小谷」で温泉 

白馬や蓮華と同じくここも熱すぎ湯。でも施設は新しい方で、鉄臭い賭け流しのお湯は最高 何より日曜の16時だと言うのに、僻地すぎて観光客が全然居ない(笑) それに松本平に比べればとても涼しい。。。小谷、やっぱり好きだわ・・・

現在、安曇野ICから糸魚川までの「高規格道路」を計画&施工中。生きているうちに完成してほしいものです

●テントを買う(再び)

ずっと父親のお下がりや貰い物で凌いでいたので、初めて自分でテントを買ったのは実は8年前。エスパースソロXでした ↓

f:id:wistorian:20110101074932j:plain

        色は↑これ一色だけ・・・(今は濃い緑もある模様)

エスパース安曇野市の会社ヘリテイジが作っているテントで、私が選んだのはシングルウォール構造&フライ不要のオールシー ズン用。完全一人用です。

山で出会うベテランたちは「テントの最高峰はダンロップだけど、コスパで言ったらエスパースが勝る」「それ買って正解」とベタ褒めしてくれましたが(みんなイイ人・・・)、常連店のカモシカではテントはエスパースしか売っていないので、好きでこれにしたわけじゃないんです・・・

本当はもっと綺麗な黄緑とか、明るいオレンジとかが欲しかった!>< 

 

と言うと大体「黄色やオレンジは虫がすごく寄ってくるのでやめた方がいい」って言われるのですが、この明るい緑色にもかなり寄ってきてました。そういう意味では青が一番良いのでしょうが、私、青い色を見て眠るのがイヤで・・・・

そして最近結露も凄くなってきて。フライがある方が撤収楽なんじゃないか?という気がしてきた。。。フライをバサっとやって結露を一掃してる人を見ると、毎回テントの内外をせっせと拭いてる身は羨ましいのです。

 

「最近は設営しやすい吊り下げ式が人気なんだよ」

へええ、そんなのもあるんだ。。。見たこと無いかも。

いつも大物は3月のカモシカセール(20%OFF)で買っているのですが、何だか新しいテントが欲しくなってきた。

 

でも、どこで買おう?? カモシカだとまたエスパース(吊下げ式は無い)になってしまう。。。好日山荘は入ったことがない。他の店だとまともなテント無さそう・・・

そこで、むか~し昔、時間つぶしに入って靴下を買ったことがある石井スポーツ松本店のサイトを開くと、移転前のセールをやってます。移転先は平田の「R19より東」と、また行き難い処に

今のうちに、GOっ!

***********************************************

久々の石井スポーツ(←街中なので滅多に来ません)。

「セールだと現金オンリーの可能性もあるな・・・」と万札握って行くと「テントはセール対象外です」なあんだ。そのおかげか在庫は結構あって、でも8割がアライテント、あとはNEMO(ニーモ)ダンロップ系。

「うちはアライテントと共同開発してるので・・・」

あ、だから最近のテン場ってアライテント多いんだ! 綺麗な色のテントは大体がモンベルアライで、北アの実数で言えば二大巨頭。二社のフライ付のソロテントを見ると・・・うわ、3万円台だ! 安ーい

 

<フライ問題>

店員さんに「今までエスパースのソロXを使っていたのですが結露が凄くなってきたので、次はフライ付が欲しいんです!」と説明すると、なんだか苦笑気味の顔。んん?いま、鼻で笑った??

 「フライしたって結露は同じですよ」

 「フライの内側から結露がテントに落ちてくるし、酷い時はテント内部も結露」

 「予算が厳しくないなら、軽さを考えたら、シングルウォールが一番

 「前室フライをつければデメリットもカバーできるし」

むむむ、そうなのか・・・??

実は私、一度もフライ必須のテント(防水性がゼロの薄いやつ)を使ったことが、無いです。だからフライに対する幻想が膨らんでいるって自覚は、ある。フライさえあれば、結露にも寒さにも悩むことなく快適で素晴らしいテントライフが実現するんじゃないかという可能性が・・・

「無いです」

ときっぱりと言われたので、初心は見事に砕けました。

 

<サイズ>

逆に店員さんが心配していたのはサイズ。

 「軽さだとオススメはこれなんですが、ソロは幅が90cm。フライが無いと

  靴をテント内に入れなきゃいけないので、幅は120cmあった方が・・・」

 「それか、前室フライを・・・」

カモシカでもそれ言われたけれど、実際「幅100cm」を使って8年間、困ったことは一度もナイのです。

 「だったら、これが最適です」

私もそう思ったのは、プロモンテの最新ソロテント、超軽量タイプのシングルウォール「VB-10」!

はい、薄カーキ色です。希望と全く違います・・・ でも、青よりはマシ! 

税抜¥49,000。幅90cm*205*100高、ポール等含めた総量は1290g!軽っ!

ソロXは税抜¥51,000(これを20%OFFで買った)で、幅100cm*210*100高、1410gでしたから、遜色無いですねー

 

フライ付に比べれば値段は高いですが、テントを購入したら提携駐車場のサービス券を2時間分!くれました(購入金額に応じて違う?)

せっかくなので、気に入っている中町のカフェで一服 &パルコでゆっくり安買い物。街に来るのはいつも夜(=呑み会)なので、滅多にないステキな時間でした。

 

次の週末、さっそくテント試しへ!

*******************

テントを試すには安定したテン場が良いので、白馬大池にしてみました。

f:id:wistorian:20110102025312j:plain

テン場はフルフラット、山に囲まれているので強風も無い。水は豊富で無料、トイレも綺麗 夏季休暇中でしたが幸いそんなに混んでおらず、珍しいタイプのテント(F1?みたいなのとか、北欧?みたいなのとか)もチラホラ・・・

 

まず、説明書を読みます

テントを定位置に広げて置いて、折りたたまれているポールを・・・え?最初に全部繋いじゃうの?! もう、ここからが全然違いますね。。

前のはX字のスリーブにポールをフルに通すタイプ。通しながら少しずつ繋ぎます。買ったばかりの時はテントの短辺に座ったまま長いポールをカチャカチャするすると通せたのですが、経年劣化なのか最近は途中で突っかえるようになり、結局両手で布とポールを全域、少しずつずらしていかないといけなくなってしまって・・・  最後、「四隅のスリーブ」にポールの先を入れるのもかなり力が必要で、寒い時はかじかんだ手や手袋をはめた手では中々はめられずに大変でした。

 

でもこの最新テントはその「四隅のスリーブ」がゆったりしてて↓ ポールの先端をスポっと入れるだけ。力要らず!

f:id:wistorian:20110101072820j:plain

テントは地面に平たく広がったままで布のツッパリが無いから、Xに立てる時も前ほど力が要らない。ななな・・・なんて!!

ポール中央の器具(透明)↓にテント側の器具(黒)をスライドで差し込むとテントが立ち上がります。

f:id:wistorian:20110101072800j:plain
f:id:wistorian:20110101072813j:plain

            3個×4本の器具(青)↑も斜めに入れて装着すると・・・

             完成↓  え?もう??

f:id:wistorian:20110101072726j:plain

うわあ、早い。。。。

しかもこれ、前のより幅は10cm狭いんですけど、中に入ってみると前のより広く感じるんです。その原因は、高さ。サイズとしては「高さ100cm」と数値は同じなのですが、テントの屋根部分が綺麗にループしているのではなく、器具(青)の部分が引っ張られていて実際は「六角形の上半分」な感じ。だから端っこも鋭角ではなく少し広いし、中央部の高さも高くて全体的に容量が大きいんですね。う~ん、これはかなり快適!!

前のは、中で足を伸ばして座って本を読んでいると頭がテントについてしまうので、座面を少し中央に寄らなければならなかったのです。これはそんなこともなく、端っこに座っても頭上はゆったり。幅もザックの置き方を変えたら全く問題なく、靴を中に入れても余裕で寝転べました(参考までに、身長162cm:足のサイズ26cm)。

多分、この引っ張られている部分から劣化していくんだろうけど(笑)

 

でも、小屋に泊まったら1泊7000円(最低値)。「8泊すれば元は取れる=1年で元は取れる」のだから、試しに買ってみたにしては良い選択でした

 ****** ま と め *******

入口が半分ガバっと開くのも、通気が良くて快適。背面の通気口のガワが垂れてしまうのと、通気口のモスキートネットが絞りタイプ(どうしても隙間ができてしまう)というのがアレですが、風を通したい時には本とにイイ!です。

確かに虫、あまり寄ってきません!!

店員さんが気にしていた結露は、まあ、前のと同じようなものでした・・・

 難点は、入口のジッパーの始点が上と横の2つに分かれているので、テント内部からすると、中央の下から「上へ」と「左へ」しか開けることしか出来ません。「ちょっと外の様子(特に天候)を見るのに、上半分だけ開けたい」ということが出来ない、のは不便ですねえ・・・

あと、開けると常に下が開放されてしまうことになるので、地べたを這う虫が入ってきやすいです・・・(怖) 実際、設営して5分でカミキリムシ入ってきました・・・

*******************

<余談>

前のとは畳み方が違ったので、撤収も説明書を読みながら。

えええ・・「中のゴムが傷んじゃうから、ポールは真ん中からたため」だって。。

そんなイマサラ・・・

なんだかメーカーのサイトに熱い記事も載ってた。そっか、グラウンドシートのサイズも変更しなきゃだ・・・テントはいつも下山してすぐに車内で干して納屋で陰干ししているけれど、確かに「1回でもウッカリしたらアウト」です。どんなに最高の素材でも、速攻カビます。そう思うと、都会暮らしの山人はよく頑張ってるなあ。。。。なんて。

● 山の落しモノ

色々登山をしていると、落し物を拾うことが多いです。

今回はそんなお話―――

 *******************

この日はいつもの北ア・常念岳(三股ルートに限る)からの下山中、ハイマツ帯で「フライ(赤)」(※)を拾いました。 

    ※テントの上に張る、防水用の幕。最近のは軽量でテントセットと別売りが多い。

 

時刻は13時台。専用袋に入ったままハイマツにひっかかってブラさがっていたので、先行者が気付かないわけもないのですが・・・・なぜか誰も拾わず、ユラユラ揺れていました。触ると袋は乾いているのに、中のフライ本体はシットリ濡れてます(=昨夜使ったものであって、登山者ではなく下山者が落としていったモノ)。

 

今までの経験から言って、追いついた人全員に「落としませんでしたか?」と聞いてもヒットしたことは一度もないし、今日は「下山ゆっくり党」なので、追いつけるかどうかもわかりません。が・・・

「下山者のモノ」ならば、ここにあっても確実にゴミになるだけです。

先日、壮大なゴミ(テントの皮)を二ノ俣に飛ばしてきた者としては・・・・ふふふ・・・当然、回収・一択!!

とにかくキャリって、三股登山口の「落し物トレイ」にでも置いていこう。。。。

 

ところが。

森林帯に入って「尾根出合い」に着くと、女性二人がちょうど休憩を終えて出立しようとしていました。いつもムダを承知で聞くのですが、その2名に近づくと・・・

おや? 二人のうち一人は、赤いザックに赤い服です・・・・。

 

いやいや、期待しちゃイケない。今まで一度だって、落し物を持ち主に手渡せたことなんて無いんだから。。。でも、形式的に一応、聞いてみました。

 

「赤いフライ、落としませんでした?」

A「・・・落としました!!」

 

え? 今なんて言った!!?

 

「それって・・・それって・・・」(←動揺)

 

言葉で言うより見せた方が早い。自分のザックのサイドポケットにしまったフライを「これ?」と指さすと、二人して「あああああああ――っっ!!」と大歓声。

 

「ホントにこれ?!」

「コレですうう――っっ!!」「凄い、コレ――っっ!!」

3人「ええええ――っっ!!」

 

「もう諦めてたんです。

  でも諦められなくて、登山道を戻ろうかとか思っていたところで・・・!!」

「こっちだって、まさか落とし主に会えるなんて、初めてですよ・・・っ!!」

感動のあまり思わずハグして、記念撮影までしちゃいました。。。。

 

何でもこのフライはお気に入り(やっぱり赤コーディしてたそう)で、落としたことでかなり落ち込んでいたとかで、追いついてきた人に聞いても「ああ、あったよ」と言うだけで誰も拾ってきてくれなかったので、半ば恨んでいたとか。。。。

「普通、拾って持ってきますよねえ?!」

いや、残念ながら、そうでもないんです。。。

*******************

落し物に気付いても、登山者のモノか下山者のモノかわからなくて迷うのか、「取りに戻ってくるかもしれないし」と思うのか、他人のことなど知ったこっちゃないのか、気遣う余分な気力も体力もとうに果てたのかはわかりませんが・・・・・・実際はそのまま素通りする人がほとんどです。

 

でも、例えば今回のフライ(薄いナイロン)なんて、雛ライチョウがハミハミしたら、胃に溜まって死んでしまいます。食料だった場合は、野生動物の餌付けになっちゃいます。金属なら、酸性雨に溶けて有害物質を出すかもしれません。。。山にとってのメリットは、確実にゼロ。

 

だから、落し物へ対する正しい対応は確かに、どのルートだろうととにかく拾え、どこかに安置しろ。

コレ、基本です。

 

下山者登山者どちらのモノにしても「拾って登山口に降ろす」が正しいのです。

  -------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「山頂や小屋で落とし主遭えるのでは?」と登山者が拾っていくのも、もちろんOKですが、落とし主に遭えなかった場合はどこかの登山口まで降ろすか、下界できちんと処分しましょうね。

落し物を小屋に預けるのは、小屋の負担になるので×

  -------------------------------------------------------------------------------------------------------------

何がベストなのか迷って「拾わない」を選ぶ人。

これが一番ダメ。です。「落し物= ゴミ」です。「拾う余力すら無い」なら仕方無いですが、極力拾いましょう。

*******************

実は、一番よく拾うのは、ストックのキャップです。

縦走すると、1~2個拾います。

これは処分せずにザックに貯めておいて、キャップ無しのストックに全体重を預けるようなマナーの悪い登山をしている人を見つけては、「宜しかったらこれ・・・」と差し出しています。趣味です。

 

そんなこんなで、とにかく色々拾って処分してきたW。

人生ハツの、記念すべき落し物直接返★還でした。乾杯!

★北ア/表銀座(1)・燕~西岳~槍ヶ岳

常念押し(三股ルートに限る)な私は、季節を変えて毎年2~3回は常念へ登り、燕にも足慣らしと称して年1は登っております。が――――――実はまだ、あろうことか、燕~大天井~常念の所謂表銀座(超・メジャールート)を通ったことが、ありま、セン。

なぜならばソロで避衆派車移動で、「体力は払うけど金は払わない派」だから。

三股P、公共交通機関が無いんですよねえ・・・(=>タクシーで片道¥6000位?)

幸い燕岳の登山口には公共のバスがあるので「いつかは通る!!」と極力金を使わない方法をしつこく考えて悩んで幾数年。。。珍しくしっかりした長い梅雨が明けた直後の2019年8月最初の週。偶然、晴れ予報期間にドカンと有休取れるタイミングが来たので、行ってきました!

 

★★表銀座(1)・燕~西岳~槍ヶ岳★★★

標高差:UP約m/DOWN約m  歩行距離:合計約km

登山口:中房温泉 下山口:三股P 条件:一人、晴天、オールセルフキャリー

日程:2019年8/1(木)~3泊

f:id:wistorian:20190804063307j:plain

この山行、前半のキモは 交通手段(車)の配備です。

 

① バス停に荷物をデポ

まず初日(平日)の朝5時半、車で穂高温泉郷にある「しゃくなげの湯」へ行って、登山用P↓(北側の第5P、無料)へザックを置いてきます。こちらは南側の第1P↓

f:id:wistorian:20190801080908j:plain
f:id:wistorian:20190801075351j:plain

先着1台だけ↑ 穂高駅の登山P(無料)より、こちらの方が空いてるかも。

こんなの取っていく人も居ないと思うけど、一応日陰になるような外灯ポールの下に、鍵付ワイヤーで固定。

② 三股Pに車をデポる

さすが平日6時。最奥の三股Pが、まだ10台くらい空いてました(夏の土日は5時でもムリ)。なるべく長時間木陰になるような場所へ車を停めて、積んできた折り畳みMTBを出します。前の車(カローラレビン101)だとかなり工夫しないと積めなかったのですが、新車(フィットRS)は荷室がフラットになるので楽々

③ 自転車でバス停に戻り、バスに乗って登山口へ

念のため空気圧を再調整し、来た車道を一目散にくだります。点滅ライトをつけっぱにし、熊対策に鈴を鳴らし、途中にあった大きな落石をどけながら・・・この三股の林道は二箇所ほどアップダウンがあるので大変かなと思ったのですが、白沢に比べたら全くの無問題。MTBでも普通に座ったまま漕ぎ登れました。良し!

対向車もあるので慎重に進んでも、この林道区間は15分もかからなかったみたい。「ほりで~ゆ~」のあるゲートへ戻って「あづみの公園」を抜けたらT字路を左折、穂高地区へ向かいます。この区間も全体的に下りで、大したアップダウンは無いのでラクラク。おかげで「しゃくなげの湯」P到着は7時。しまった、早すぎた。。。ここから中房温泉行のバスが出るのですが、次は8:30発です

かと言ってこれ以上遅いと三股Pには停められない。こんなんだったら、もうちょっと早く出て6:40発のバスを狙えば良かったな。。。

仕方ないのでザックを外して自転車をポールに繋げ、周辺↓を散策。

f:id:wistorian:20190801075327j:plain

凡例に「バス停↑アイコン」はあるのに、地図上の実際の場所に無い・・・置忘れ??中房行のバス停は、薄くて丸くて黄色い「芝生ひろば」の、左の太い道沿いにある小豆色の四角の、道はさんで反対側です。

 

このエリア、「しゃくなげの湯」の移転と同時にかなり拡張・整備されました。道の駅みたいな「Vif穂高」は8時オープンで、足湯は清掃中、トイレも閉まってるけど……足湯が昔あったラウンド十字路の場所に多目的トイレが設置されているので、ウォーキングしながらぐるっと一周。途中の東屋でのんびり朝食を摂りながら、iPhoneでちょっと仕事。          バス停↓     この奥のラウンドサークルの先↓右手に多機能WC

f:id:wistorian:20190801082015j:plain

あ!↓ここから新宿行が出てる!  でも中房線との乗継ぎ5分↓ タイト

f:id:wistorian:20190801082003j:plain
f:id:wistorian:20110101000041j:plain

中房温泉行のバス穂高駅(登山者用P無料)から出発し、この「しゃくなげの湯」や常念坊、有明山神社P(登山用P無料)を通ります。所要30分ほど、片道¥1200。平日なのに、乗車率95%(全席着席)。燕山荘の影響か、若者・子連れ、多いです。。。

ヘアピン狭歪ロードに揺られること40分、中房温泉に到着(H1,450m)。

 ***** ***** ***** ***

 <1日目> 燕岳 ↓ には行きませんでしたが・・・ ~合戦尾根~

f:id:wistorian:20110101001143j:plain

タイム:4時間(4h10m)、標高差:UP1,254m、距離:約4km

この部分は燕岳の記事でもご覧ください。

普段ここを真夏には登らないので、とにかく暑い、そして重い!

もちろんビールを積んでいますが、今回は少なめなのに―――新しいザック、ベルト部分をSサイズに変えてバッチリ!と思いきや、問題はサイズではなく構造だったようで。。。腰全体ではなく「腰の脇」だけが締まる仕組みなので、坐骨神経痛が再発しそう・・・っっ

登り続けるためにはベルトを緩めるしかなく、肩にかかってくる重量が凄いことに。

 

それでもゆっくり登って何とか登山口から4時間(4h10m)、15時前には燕山荘のテン場(H2,704m)に着くと、うわあ、平日なのにかなり混んでる・・・いえ、8月だから当たり前なのですが、他人のことを考えていない or どれだけ混むかわかっていない張り方をしている若い子が多くて、ムダに半端な隙間が多くて大きなテントはムリな感じ。結局夕方18時くらいまで続々とテント組が到着し(←これも酷い話)、これから夕食でも作ろうかって時にテント移動を促されて大変そうでした。最初から端に詰めて張っていればそんな苦労も無かったのにね・・・

小屋泊の方も若い子が多く、子連れ(4羽)のライチョウがテン場近くをずっとウロウロしていたのですが、発見しては騒ぐ、後追う、それで登山道外のお花畑に侵入するする・・・

燕山荘は財力があるというか何というか・・・山雑誌で「憧れの山荘1位」に輝く山小屋で、精力的に宣伝・営業。規模も大きくツアーや学校登山も多いです。晴れた早朝は下界から見てもビカビカ光ってます。その分、テン泊者(金を落としていかない)に対してかなり冷たっな感じ。繁忙期だからってのもあるんでしょうね。。。

小屋の中は快適なのかと思いきや、やはり繁忙期は「1畳に2名」だそうで「スタッフもゾンザイだった」(伝聞)。何が良いのかわかりません。。。立地かな。

★テント:1泊1000円。大きめの段々構造でフラット。水は1L¥200。

 トイレはテン場の北にある小屋で、紙:持ち込み、ボットン。

 

 <2日目> 燕山荘―>西岳ヒュッテ ~喜作新道~

タイム:3時間35分(5H50m)、標高差:UP約680m/DOWN約695m、距離:約10km

 朝5時、テン場はもう賑やかで、こちらも何となく起きてしまいましたが、この日は西岳のテン場へ移動するだけなので、小屋でお湯を買ってゆっくり朝御飯を摂って、7時出発。        小屋の前を北へ↓

f:id:wistorian:20110101001152j:plain

  この斜面(登山道左側)↑は、コマクサが大量に生息。(半栽培?)

 大天井岳(奥)↓    ↓↓「表銀座」全景↓↓  ↓槍はずっと雲っ被り・・・

f:id:wistorian:20110101001852j:plain

大天井岳までは7.8kmだそう。 どこが「蛙岩」だったのかは、さっぱり不明。

ああ・・もう↓信州側からガスが・・・ このハシゴ(下から撮影)↓を降りると 

f:id:wistorian:20110101020421j:plain
f:id:wistorian:20110101022021j:plain

 反対側の登り↓のもっと右側→→の岩壁↓に、「喜作レリーフ」!↓↓(北アの英雄)

f:id:wistorian:20110101022013j:plain
f:id:wistorian:20110101022036j:plain

  ここ↑から少し登ると・・・ 

燕山荘から 1時間半(2H20m)で「大天井分岐」↓  

f:id:wistorian:20110101022711j:plain
f:id:wistorian:20110101024020j:plain

←左へ登ると大天井岳山頂ですが、Wはここをそのまま真っ直ぐ進みます↑

 大天井岳の西側を右巻いて↓・・・  大天井岳直下↓ 岩とハイマツが美しい・・・

f:id:wistorian:20110101024615j:plain
f:id:wistorian:20110101025222j:plain

     牛首山展望台↓が見えてきた       鋸刃岩↓ 「あと15分」!

f:id:wistorian:20110101025635j:plain
f:id:wistorian:20110101025852j:plain

              眼下に赤い屋根↓が見えてくると・・・

f:id:wistorian:20110101030455j:plain

また大天井岳山頂への分岐↓があって    この先にクルマユリ

f:id:wistorian:20110101030730j:plain
f:id:wistorian:20110101031117j:plain

この槍ヶ岳までのkm数↑は足りないと思うんだけど・・・大天井分岐から30分(40m)で、大天井おてんじょヒュッテ!↓↓ ん・・・?おてん「じょ」??

f:id:wistorian:20110101035126j:plain
f:id:wistorian:20110101034159j:plain

           わお!松本ブルワリーのIPAがある!!↑↑ 

ランチは牛丼って! >< 布団干してて小屋前にベンチ、造りも良さそう。「良い小屋」な雰囲気がビンビンします。でもここ、テン場が無いんですよね。 

ここでエネルギー補給をしてから「喜作新道」へ入り、西岳へ向かいます。

最初は下り↓

f:id:wistorian:20110101041810j:plain
f:id:wistorian:20110101040732j:plain

この部分も↑クルマユリキスゲミヤマキンポウゲがワサワサと↑ そのうち登りが始まると、やがて「ビックリ平」(H2,549m)に到着↓↓

    牛首展望台↓(尾根道は廃路)   ↓大天井岳  

f:id:wistorian:20110101043207j:plain

ここから暫くは緩く移動(↓砂の広い部分が多数あるので休憩に◎)

f:id:wistorian:20110101044001j:plain
f:id:wistorian:20110101044139j:plain

             む、ちょっと見えた↑  ↓東鎌尾根はずっと見え見え。

←西岳。かなり↓→くだってから、登る→↑のも、丸見え・・・  これ↓は北鎌尾根

f:id:wistorian:20110101044009j:plainこの日後半から同道したテン泊縦走者(明日は「槍ヶ岳山荘」泊)は「うわ~あれはちょっと・・・凄いわあ~・・・」と何度も唸って「あなた、本当にあそこをピストンするの?」と何度も言う。あのね、そういうことは、考えちゃいけないんですよ?

 

アップダウンが数回あって、やがて↓左巻くようになり・・・

f:id:wistorian:20110101051920j:plain

ここ↑はチングルマ(晩期)、シャクナゲ(ピーク)、コバイケイソウミヤマキンポウゲなどがワサワサ。   ↓たまに岩岩。  ↓左巻く、左巻く・・・

f:id:wistorian:20110101061337j:plain
f:id:wistorian:20110101054526j:plain

大天井おてんじょヒュッテから1時間35分(2h50m)で、↓↓ヒュッテ西岳(H2,685m)。

f:id:wistorian:20110101061935j:plain

何、あのテン場・・・↑ 「西岳のテン場は槍の眺望が良い」がウリらしいのですが、あの立地は 強風祭りでは??

 

そしてこの小屋、評判悪いんですね・・・明日の予定を聞かれたので「槍ピストン」「状況によってはここにまた泊まる」と応えると―――

「テントは置いていかないでね!」「テン場はヘリポートになることもあるから」「小屋にも置いていかないでね!」

は??ピストンなのに、荷物持ってけってこと?

それってこの小屋の存在意義ゼロじゃ・・・・・・

「2泊する場合もですか?」

「そう、2泊する場合でも、テントは畳んで持ってってもらうよ!」

吐き捨てるように・・・まあ、田舎の古い人って乱暴な言い方しますが悪い人じゃないんですよ(翌日水買う時なんかはニコヤカで気味悪いくらいだったし)。でも、そういうルールだと知ってたら、大天井泊で組んだのになあ・・・

「戻ってこられない人も居るからね」「置いていかれると迷惑だからね」

と言っていたので、過去に色々あったのでしょう。だったらサイトにそれをはっきり載せたらどうかな? どう考えたってここ、槍ピストンに最適と思われて当たり前の立地だし。わざと載せないってことは、詐欺も同然。「北海道ではデポ厳禁」と聞いたことあるけど、北アでは初だわ。。。

まあ、おかげで「槍ピストン後に大天井まで戻る」という決心が着きました。

 

そうと決まったら↓テン場へ行って、さっさと設営!

f:id:wistorian:20110101063236j:plain
f:id:wistorian:20110101090749j:plain

幸い風はそんなに強くなかったですが、槍はずっとこんな感じで↑↑モヤモヤ雲被り。平日で僻地なのでそんなに混まず、しかし16時から雨がかなり降ってきたので、この日はずっと、テントの中で呑んで終わりました。。。

★1泊1000円、稜線なので斜め多し・・手前スペはフラット。水:1L¥200。

 トイレは¥100で小屋前の屋外建物、バイオ?で綺麗。紙アリ、手洗水あり。

 

<3日目> 槍ヶ岳 往復  ~東鎌尾根(喜作新道)~

タイム:往路:2時間45分(4h30m)/復路:2時間20分(4h10m)、

標高差:往路UP約800m/DWN約320m、距離:往復14km

 

朝3時半、雨は小降りになり、外へ出た時はもうほとんど止みかけ。風はやや強めですが、予定通り決行です。

もちろん最低限の荷物だけにし、大きい荷物は小屋より北の、登山道沿いの広いところに放置。(年配の方たちはちゃんと担いで往復してましたが・・・)

 

小屋上の分岐(H2,690m)↓(暗かったので、戻ってきてから撮影)

f:id:wistorian:20110102033120j:plain
f:id:wistorian:20110102031255j:plain

   小屋からはまず、200mほどガガっと下ります↑↑↑↓↓

   ↓槍                すごい高度差↓↓

f:id:wistorian:20110102031112j:plain
f:id:wistorian:20110102024835j:plain

          ちょうど下ってる人↑が、ガレってる。

この部分が一番、テン泊装備ではキツいかも。。。置いてきて良かった。。 この最初の降りから100mほど登って、100mほど降りると・・・  天上沢の谷間↓

ヒュッテ西岳」から40分(1h)で↓「水俣乗越」(H2,475m)。狭い。。

f:id:wistorian:20110101220717j:plain
f:id:wistorian:20110102025105j:plain

この標識↑の向こう側へ降りると、北鎌尾根へ登る上級コース。手前の槍沢へ下りれば、上高地へ下れます。

そして、ここからが東鎌の真骨頂!という感じでした。。。。

    最初は緩やかに移動するし↓ 槍もよく見えているのですが・・・↓↓

f:id:wistorian:20110102021650j:plain

まず、朝6時前だというのに蒸し暑くて虫が多く、ゆっくり休憩も出来ない。これは時期が悪かったなあ~・・・↓登らせておいて、急激にくだる↓ なアップダウンあるし

f:id:wistorian:20110102021227j:plain
f:id:wistorian:20110102024835j:plain

全体的にザレガレの中、↓階段・ハシゴが多数↓出てくる↓↓

f:id:wistorian:20110102020453j:plain
f:id:wistorian:20110102015850j:plain

あと1.3km↓(槍ヶ岳山荘までの距離)。 ここまで来るとだいぶ近い↓↓

f:id:wistorian:20110101230854j:plain
f:id:wistorian:20110101231518j:plain

ここ、ハクサンイチゲ多いですね@   このガレガレ斜面↑をジグザグ登ると…

水俣乗越」から1時間35分(2h10m)で「ヒュッテ大槍」 (H2,884m) 槍↓↓

f:id:wistorian:20110102013100j:plain

おお~・・・・いいですねえ・・・

この先で3方向に分岐している↓ので注意(槍方面は右手に登り)。

f:id:wistorian:20110102011743j:plain
f:id:wistorian:20110101234922j:plain

ここから槍直下まではガレガレ&岩ですが、「緩やか~に登り」、楽ちん↑

左手眼下に↓殺生ヒュッテ   槍直下を更に左巻くと・・・↓

f:id:wistorian:20110101235807j:plain
f:id:wistorian:20110102010352j:plain

            赤い屋根↓が見えてきた!

f:id:wistorian:20110101235831j:plain

直下すぎると槍っぽくない↓    天狗原(左)へ行く槍沢分岐(左)↓↓

f:id:wistorian:20110102000559j:plain
f:id:wistorian:20110102000814j:plain

「ヒュッテ大槍」から30分(50m)で、「槍ヶ岳山荘」(H2,980m)↓  どどーん・・・

f:id:wistorian:20110102001036j:plain

でも、いい景色!(西鎌尾根方面)↓

  ↓野口五郎岳? ↓三俣蓮華岳    鷲羽岳↓    ↓水晶岳f:id:wistorian:20110102001200j:plain槍山頂までは↓ここから「片道30分」。

f:id:wistorian:20110102001101j:plain
f:id:wistorian:20110102002304j:plain

ご覧の通り大したことない岩道↓で、

「登り」↓と 「下り」↓  それぞれ片側通行と、問題無い設定なのですが・・・

f:id:wistorian:20110102002623j:plain
f:id:wistorian:20110102002737j:plain

追い越しは危いので自粛。そうすると、素人や「岩を怖がる人間」が一人でも居ると、大渋滞なんですね~・・・ 

         ↓最初のハシゴ(上から) 最後のハシゴ↓   右奥↓は下山用

f:id:wistorian:20110102003115j:plain
f:id:wistorian:20110102003620j:plain

しかし!ちょうど登りは前に誰も居なくて(←8月土曜にコレは奇跡!)

 10分で山頂↓↓(H3,180m)到着★              ↓北鎌尾根

f:id:wistorian:20110102003850j:plain
f:id:wistorian:20110102003938j:plain

え~と・・一応100名山で、ニホン第三位の標高デス。

山頂も私入れて5人くらいしか居なくて・・・登ってる時にすれ違った下山者が「山頂は渋滞、撮影待ちで社の前は行列してたので、諦めてすぐ帰ってきた」と言ってたので、本当に運が良かったです。

             西鎌尾根方面↓ 次はここ通りたいな・・・

f:id:wistorian:20110102004010j:plain

     穂高にもまたいつか行きたい↓↓(マイカ上高地を通らずに)

f:id:wistorian:20110102004058j:plainでも、山頂は狭くて休憩には不向き、大した用事もない・・・滞在3分。

さあ、東鎌尾根(↓一番奥は常念!)に向かって、帰りますよ~↓  ↓笠ヶ岳

f:id:wistorian:20110102004127j:plain
f:id:wistorian:20110102004217j:plain

しかし下りは、子連れの母親が怖がって渋滞引き起こしてて30分近くかかりました

また槍直下を通って↓       山頂から標高300m程一気に下り↓

f:id:wistorian:20110102005809j:plain
f:id:wistorian:20110102011116j:plain

「槍ヶ岳山荘」から20分(30m)で再び、「ヒュッテ大槍」(H2,884m)

 これからガガっと降って、ここまで登るのか…↓  ↓テン場この辺

f:id:wistorian:20110102014534j:plain

  改めて見るとすごいわ、喜作・・・   この高度差!↓↓↓↓

f:id:wistorian:20110102015751j:plain

「ヒュッテ大槍」から45分(1h40m)で「水俣乗越」。

さあ、ここから森林です。さらば、↓槍たち。

f:id:wistorian:20110102024026j:plain
f:id:wistorian:20110102024017j:plain

 乗越から1回アップダウンした後の、↓この最後の登りが、一番急斜面・・・

f:id:wistorian:20110102024845j:plain
f:id:wistorian:20110102030227j:plain

ザレ・ガレ・ザレ! 難易度「小」でも、人が多いと大変

ここで。山口県から来ている高校生山岳部とすれ違い。うわあ・・・なんて元気で素朴で、とってもフレッシュ!さすが16歳!まさに夏のトビラ!!(笑)

この真(魔?)夏の過酷ルートに、とっても似合う若さだわぁ・・・

 

ホントにね、今日は3~4組のシニアパーティとすれ違いましたが・・・ここは、そのお歳でヒイヒイ言いながら通るのってどうなの?クラス、なんですよね・・・年齢制限あるわけじゃないですけど。

例えるならば、自治会の日帰りツアー(Ave.70)が原宿や大久保にきちゃったとか、チーマー(10代前半)が盆栽博物館にうっかり入っちゃった、みたいなもの。TPO(時と場合と立場)もカタチ(団体・・・)も、スペシャルミスマッチ。

私だったら、ツラいルートは若い時にさっさと通って、歳取ったらもっと相応で優雅なルートを通りたい(だから今、頑張ってる)。でも最近は「リタイアしてから山を始める人」が多いみたいで・・・

「北アの真骨頂」とか「ニホン三大○○」とか「山好き垂涎の・・・」とか雑誌やTVで煽られると、行きたくなっちゃうんでしょうね。そのキモチはわからなくもないけれど、だったえらもうちょっと準備(体力つけるとか、時間に余裕を持てる財力を用意するとか)しようよ~

良い反面教師になっています、悪乗りシニア。。。

 

そんなこんなで「水俣乗越」から50分(1h30m)、↓「ヒュッテ西岳」帰還。

f:id:wistorian:20110102033121j:plain

10:25、余裕で間に合った!

★北ア/表銀座(2)・西岳~大天井~常念岳

<3日目後半> ~喜作新道(折り返し)~

タイム:1時間40分(2h30m)、標高差:UP約300m/DWN約350m

距離:約4km、日程:8/4土曜日PM、晴天!

 

槍ヶ岳ピストンアタックが予定より短時間で済んだので、西岳の小屋上の分岐点で雨具のウィンドブレーカーを天日干し(夜間の雨の名残もあり、前半は森林限界じゃないから下草が多くて結構濡れた)。水も買って補給もバッチリ 西岳直登点より北で、問題なくザック回収。気力はややナイですが、体力と時間はたっぷりあるので・・・午前11時、予定通り大天井へ、GO! 

最初はユルリと右巻き↓             牛首展望台↓   大天井↓

f:id:wistorian:20110102040452j:plain
f:id:wistorian:20110102050102j:plain

朝は見え見えだった槍も再び雲冠してしまって、またしても「ツンツン」な景色。おいいいいい。結局この、いわゆる「喜作新道」では、一度も「アッパレ槍」は見えませんでした。。。。

f:id:wistorian:20110102050803j:plainあまりにも天気がいいので、この途中の白砂場↑でコーヒータイムを取りながら、朝露グッショな靴下と靴を干します。このまま進んだら、とんでもなく早い時間に次の泊地へ着いてしまう・・・

 

その泊地ですが。

大天荘だいてんそう表銀座伯仲大天井岳山頂直下にある山小屋で、超華々しいメジャースポット。8月上天気の土曜の今日は、ゲキ混みな予感・・・・・テン場もあるので、最初はここに泊まる予定でした。

しかし、実は今朝、テント(皮)を風に飛ばされてしまい・・・―――

 そう、今日は小屋泊なんです。

 

 片やその手前の例の大天井おてんじょヒュッテはマイナーな燕~槍ヶ岳ルートにあり、テン場が無いことも相まって、若干「穴場」的な雰囲気。往路で接した限りは、マメマメしい良小屋の気配を感じました。 

  マメ例↓ (↓松本平の最高クラスなクラフトビール ↓土日に向けて布団干し)

f:id:wistorian:20110101034200j:plain
f:id:wistorian:20110101035127j:plain

時は梅雨明け直後の、8月第一週の、土曜日。

テントの無い身でどちらを選ぶかなんて・・・ それはもう・・・・

それでも一応ヒュッテで試しに「どちらの方が混みますかねえ?」「予約はどんなものですかねえ?」と尋ねたら―――

「確かに大天荘の方がメインルートです」

「こちらは、今日は一人で一つの布団を使えます!」

決まりです。久々の山小屋泊は、大天井おてんじょヒュッテで!(素泊まり1泊7200円)

 

その前に―――――――――――――――――――――――――

まだ14時前なので、昨日スルーした「牛首展望台」(H2,766m)へ行くことに。

タイム:登り10分(15m)/降り6分(10m)、標高差:約120m、距離:約4km

  小屋のまん前の 登山口↓        ちょっと登ると、小屋の全景↓

f:id:wistorian:20110102063851j:plain
f:id:wistorian:20110102063954j:plain

小屋からの標高差は約120m。それが「片道15分」って中々の急斜です。でも整備はされてる↓                 山頂あれかな?↓

f:id:wistorian:20110102064703j:plain
f:id:wistorian:20110102065033j:plain

      「牛首展望台」山頂(H2,766m)↓  あ!お社がある☆☆☆☆☆

f:id:wistorian:20110102065508j:plainちょっと「チベットちっく」な柄の黄布が巻かれた標識が「修験道よりもっとカルト?!」な期待をさせておいて、お社はただの「大天照皇大神」。ち・・・っ 明治の余波がこんなとこまで!(それとも喜作の氏神?)

  あれは燕岳↓    目の前に、昨日通ってきた路↓(誰もが的に)

f:id:wistorian:20110102065733j:plainそして今日、通ってきた路↓    東鎌尾根↓       半見えの槍↓

f:id:wistorian:20110102071415j:plainそして明日、朝日が昇ったら↓行く山(大天井岳

f:id:wistorian:20110102065613j:plainんん?小屋から山頂への「直登っぽい↓ジグザグ路」が見える・・・ 獣道?

f:id:wistorian:20110102071048j:plain

      ←↑燕岳への巻き道        西分岐↑  ↑小屋この辺

                  大天井岳の右手奥には、私の常念

f:id:wistorian:20110102065932j:plain

 ↓高瀬ダム湖もよく見えた     確かに眺望◎!f:id:wistorian:20110102071758j:plain

でも、牛首山(H2,553m)は一体ドレだったんだろう・・・??

 

ここにお酒持ってくれば良かったな~ 昼寝しようかな~と思ったのですが、さすがに真夏の直射日光は強すぎた。顔や首がヒリヒリしてきたので、10分で下山。。

 

さて。小屋泊は、成人してからは「仕方なく」(テント装備を忘れたとか、テン場が無いとか)の場合だけで、この10年では2回くらいしかありません。小屋泊の度に、夜遅くまでヘッドランプで本読んだりプラ袋の荷物をガサガサゴソゴソしたりするおカバさんとか、病的なほどの大音量イビキで迷惑な男性とか必ず居るので、印象悪い。(イビキに関してはテントでもかなり聞こえますが・・・同室内では耳栓も利かない)

でも結果的にこのヒュッテ、凄く良くて!

 

もともと北アの小屋は、日本でも最先端で至れり尽くせり。トイレはバイオで綺麗だったり、衛星テレビが見られたり公衆電話あったり携帯充電も可能だったり、乾燥室はカンペキで休憩室は綺麗で、水は無料でいくらでも汲めたりします(その分、値段は高め)。反面、「山の良さ」も何もあったもんじゃありません。。。

このヒュッテは、バイオは一基だけで基本ボットンだけど綺麗だったし、テレビはあったけれど食堂ではなく小さい休憩室に設置されていて、山の雰囲気は損ねてない感じ。昨日干していた寝具はコダワリの品っぽくて、綺麗で新しめ(「発熱するから温かい」なんてタグが着いてる・・・)。

プラス「気遣い」がある!

まず宿泊部屋が布団6組敷ける広さになっていて、どうチェックインしようと「女性だけ」にしてくれたり、希望を聞いて「グループ部屋」にしてくれたりします。

f:id:wistorian:20110102081304j:plain

いや、接客業ならそれくらい当たり前なんですけどね・・・・山では当たり前じゃないもので。。。八ヶ岳なんかは繁忙期でも無いのにチェックイン順に有無を言わさず詰め込まれたし、布団も汚かった。。。

 

そして、部屋が汚れないように「ザック類は室内持ち込み禁止」。廊下にザック用の棚があり、荷物整理も廊下で! 素晴らしい!! 同室の人(燕山荘前泊)も「この小屋いいわねえ」「今まで泊まった中で一番綺麗」としきりに感心。あ、でも、携帯の電波はドコモでも入らなかったようです。iPhoneなんか当然ダメでした。

 

17時からの夕食(2R制)も落ち着いて、 20時消灯。

予想通り同室人のイビキが始まりましたが、小柄な女性だからか音はささやかなもので、気になりませんでした。ヒュッテ経営者の心配りに、感謝・・・・・・!

 

<最終日> 大天井岳常念岳 ~前常念・三股ルート~

タイム:縦走:2時間35分(常念山脈/4h40m)/下山:2時間40分(三股ルート/5h20m)、

標高差:UP約800m/DWN約2,080m、距離:縦走6.5km+下山7.2km、

日程:8/5日曜日、晴天!

 

小屋の朝食が5時のため、皆さん4時過ぎにはゴソゴソと動き始めます。

今日は7時に出発すれば余裕なのですが「まあいいか」とこちらも早起き。のんびり朝食を摂って、5:45、出発。↓牛首展望台       西分岐↓「常念岳5.5km」→

f:id:wistorian:20110102224732j:plain
f:id:wistorian:20110102225258j:plain

 この5.5kmというのは、たぶん常念乗越までの距離だな・・・↑

 今日は天晴れ!↓   昨日通った喜作新道↓        槍っ↓

f:id:wistorian:20110102225806j:plain小屋からはずっとこんな↓岩ゴロの右巻き道を登り。槍眺望はどんどん良くなる

f:id:wistorian:20110102225554j:plain
f:id:wistorian:20110102225933j:plain

つい、似たような写真撮りまくり ↓ナイス北鎌    ↓薬師の方(アコガレ

f:id:wistorian:20110102233859j:plain    小屋から40分(40m)で、大天荘だいてんそう(H約2,870m)↓  敷地すごく広い・・・f:id:wistorian:20110102234120j:plain

 小屋の背後が山頂↑      右手にはテン場↓  フラット!

f:id:wistorian:20110102234219j:plain次はここ泊まりたいな・・・でも、やっぱりビールはイマイチなラインナップ。周辺にはまだチングルマがピーク気味に咲いてました。

ここから、ちょっと前常念チックな↓大ガレ白岩の道を登って・・・・・

f:id:wistorian:20110102234752j:plain
f:id:wistorian:20110102235149j:plain

      小屋から6分(10m)で、大天井岳おてんしょだけ(H2,921.9m) !↑↑(社は熊野系)f:id:wistorian:20110102235125j:plain  うん、もうイイ・・・ こんだけ見れば↑↓ もう下界に還ってもイイ。

f:id:wistorian:20110102235303j:plain

 表銀座全景↓↓          燕岳↓これ?   じゃあこれ↓は蓮華かな…

f:id:wistorian:20110102234437j:plain

     穂高↓     ↓喜作新道と東鎌尾根全景↓    ↓槍め・・・

f:id:wistorian:20110102235732j:plain

しかし、ここでも電波入らず・・・予定通り明日出勤するよって、上司に連絡しなきゃならんのに。。。

山頂から3分で戻り、小屋↓とテン場を後にして・・ってここも眺望いい!↓

f:id:wistorian:20110103001309j:plain
f:id:wistorian:20110103001303j:plain

いよいよラストの常念路↓(勝手に命名)へ。    ずっと見えっぱ↓f:id:wistorian:20110103001805j:plain     最初は緩やかに稜線を↑天空散歩・・・・・・  振り返ると大天荘だいてんそう↓ 牛首展望台はもちろん、↓五色が原や↓↓裏銀座立山↓↓↓↓まで!!f:id:wistorian:20110103001839j:plain とにかく緩い↓   例の虫が入ってるみたいな花↓も珍しく群生していて・・・

f:id:wistorian:20110103003854j:plain
f:id:wistorian:20110103002737j:plain

「のどかでライチョウなんかも暮らしやすそうなとこだな~」と思っていたら・・・

   うわ、出た↓

f:id:wistorian:20110103002946j:plainしかも7羽もの子連れ・・・ヒナ↓が人間の前後(しかも登山道上)にワラワラと

f:id:wistorian:20110103002907j:plain生存率2割だというのに、この警戒心の無さと言ったら・・・  この先で東大天井の山頂直下を右巻くと↓ 雪田が見えて東へガガっと降るルートに。↓横通岳と常念岳

f:id:wistorian:20110103003855j:plain
f:id:wistorian:20110103010037j:plain

ここからの降りは繁盛したハイマツ樹林帯で、途中に廃道が幾つもあり、昔は全然違うルートだった模様。 ↓東大天井岳 右へ行って→ここから↓降り。 廃道の一つ↓

f:id:wistorian:20110103012433j:plain

この斜面↑の植生が結構面白かった。

再び登りになると次はガレ気味↓、広いのでここで休憩。東側がかなり削げてる ↓↓

f:id:wistorian:20110103013907j:plain
f:id:wistorian:20110103014119j:plain

横通岳↓を右巻くと、いよいよ常念乗越に向って急激に降り↓

f:id:wistorian:20110103020133j:plain
f:id:wistorian:20110103020636j:plain

槍方面はずっとアッパレなのに↓  東側はモックモク~・・・↓

f:id:wistorian:20110103021403j:plain
f:id:wistorian:20110103021825j:plain

小屋の赤い屋根↓が眼下に見え、最後は荒れ道の樹林帯へ↓ ここ歩き難い・・・

f:id:wistorian:20110103022117j:plain
f:id:wistorian:20110103023752j:plain

大天荘だいてんそうから1時間50分(3H)で、8年振りの「常念乗越」↓(H2,460m)

f:id:wistorian:20110103024411j:plain

この常念小屋も評判悪いのですが、初めて中に入ってみると西岳と同じく「田舎の古い人の乱暴な物言い」なだけな感じ。ただ、小屋の中年スタッフにルートの質問をしたら「やだそんな巻き道知らな~い、危ないからやめてやめて~」「遭難でもしたら救助に行かなくちゃいけないし~」だと・・・「いえ、来なくていいです」と言ったらキョトンとしてましたが。。。「山小屋は緊急避難や補導所の役割も兼ねている」んだから、小屋で働く以上は「山を把握する努力」をするなり、わかる人をきちんと呼ぶなりしてほしいな。。。まあ、人気小屋にそこまでのプロ意識は期待していないので、この「石室からの新しい巻き道」については後日、自分で検証します。

体力も時間も残っているし、久々に山頂経由しますか=3

f:id:wistorian:20110103031522j:plain

少し登ったところから、↑小屋            テン場↑      乗越↑
あの森林帯さえ無ければ良いルートなんだけどなあ・・・

標高差400mのこの斜面↓が一番急。ガスが晴れて、横通岳もくっきり↓ 暑い・・・

f:id:wistorian:20110103040718j:plain
f:id:wistorian:20110103033856j:plain

常念小屋から50分(1H)で常念岳山頂↓(H2,857m) 人多。。

f:id:wistorian:20110103042057j:plain

さて、休みが取れるから思わず来ちゃったけど、8月上旬にこの山域は非常に暑い!晴れ予報を狙ってここまで実際メッチャ晴れて、しかもどんどん南下したから今日は最高に暑い。まして下界はもっと暑いので・・・下山したくない~

でも前常念のこの尾根↓は大好きなので、とりあえず石室へ・・・ ↓美しい

f:id:wistorian:20110103043453j:plain
f:id:wistorian:20110103045846j:plain

これが例の、石室の前にある「新しい巻き道」の看板↓ かすれて読めなくなっていたので、設置されたらしき年(2014年)↓の画像を。

f:id:wistorian:20110507022600j:plain

   看板には「常念小屋まで1.5時間 八合目経由」 

下の「常念小屋」の板は「昔の巻き道分岐」(ここよりもっと上)に設置されていた方向指示板なので、右に行けば巻き道なのかと思っていたけれど・・・巻き道にしては1.5時間は長すぎる。もしかして「八合目」というのは山頂直下の「乗越からの道との合流点」のこと・・・??でもあそこは八合目というには上過ぎるし・・・

前常念のいつもの岩で、いつものように長めのコーヒータイム 30分くらいゴロゴロしていると、単独男性がヨロヨロヨロリと下山してきました。心配で声をかけると「こんな岩ルートだとは思わなかった」「登る時に岩で道に迷った」「一緒に下山してくれませんか」。誘われた。この岩がイイのになあ・・・ ↓下から前常念方面を撮影

f:id:wistorian:20110103055933j:plain

無事岩エリアも終わり、尾根出合いで単独男性とサヨナラした後はゆっくり下山。テン泊装備で通過するのは初めてなので、もともと危ない左膝をこれ以上壊さないよう、時間をかけてゆっくりと・・・ これが結構難しい

 

常念山頂から2時間40分(5h20m)で、「三股登山P」帰還★

 

総合評価

燕~常念間はお気楽縦走にイイ感じ!また通りたい!!!

*************************

槍は、次は西鎌からか穂高からか・・・東鎌るにしても、槍沢から。

★近畿・御在所山(三重県)~中道/表道~

職場の山会の関西メンバーが言うのです。

「御在所は岩だらけで、めっちゃあんたの好みやで」

でも、関西に行くのは大体、スカイラインが閉鎖している冬。登山のいい季節に信州を離れるなんてそんなバカなことは普段しませんもん。。。が、この度神社的な理由でGW直前に奈良県へ行くことになりました。そんなら京都で呑み会しましょとなったけど、奈良の後は伊賀国(名阪国道沿い)で神社巡りをしたい。北上するなら、新名神は前に通ったから別の道、下道ががいいな。そうすると・・・「鈴鹿スカイラインで琵琶湖経由京都行き」。この山、通り道ですね!

 

****御在所山(1,212m、三重郡菰野町****

登山タイム(標準CT):登り1時間35分(中道2h20m)/下り1時間(表道1h15m)

標高差:655m、 距離:約6km、 出発地:中道P(H557m)

条件:一人、GW初日(土曜日)、雨のちアラレに暴風雨

 

前日は伊賀国の神社と遺跡をまわって、四日市のホテル泊。現地の駐車場事情がよくわからなかったので、朝5時出発します。

R477をひたすら西に行き、鈴鹿スカイラインに入り、温泉街への分岐を過ぎると左手にアスファルト舗装の整備された↓「中道P」。おお、空いてる。 

f:id:wistorian:20190501141621j:plain
f:id:wistorian:20190501141926j:plain

他の登山者が続々と到着しますが、ここで小雨が降ってきた ↑ 虹まで・・・

ヤマテン予報は天晴れマークだったけれど、名阪国道もそう、晴れ予報でも山間部は土砂降りだったりするんですよね、このエリア・・・

「登ってる間は雨で、午後になったら晴れ」かなーとイヤな予感がしつつも朝6時半、登山開始。

 

Pからスカイライン沿いをちょっと登ると、ロープウェイの白い鉄塔が真正面に見えてきて ↓↓ この正面のカーブ突き当たりが「中道登山口」(H559m) ↓

f:id:wistorian:20190501141451j:plain
f:id:wistorian:20190501141444j:plain

                    「鈴鹿の山を甘くみるな!!」↓ 

f:id:wistorian:20190501141639j:plain
f:id:wistorian:20190501141633j:plain

う~ん、(4)はどうかな。。滑落した時に独りだとヤバいとかそういう意味だと思うのだけど、同行者が滑落したり歩行不能になって足引っ張られることもあるからなあ…

と見てたら、ミニパトがすいーっと停まり、登山届を回収しにきました。

「今日は風が強いから、ザックカバー飛ばされないように固定してね!」

「登山届出した?」

ここも県警が遭難救助するんですね・・・コンパスで出したと言ったら「ああ、OK」みたいに頷いて終わりでした。だいぶ浸透してきたなコンパス 。さあ、行くか。

最初は普通ですが ↓   そのうちモロい花崗岩の尾根を登るように ↓ 

f:id:wistorian:20190501141919j:plain
f:id:wistorian:20190501141912j:plain

いい急坂@  ↓   「中道登山口」から15分で 「3合目」(H710m) ↓  ↓ 

f:id:wistorian:20190501141905j:plain
f:id:wistorian:20190501141858j:plain

 ここは「裏道」へ行く下り坂の分岐点。

f:id:wistorian:20190501144000j:plain
f:id:wistorian:20190501143954j:plain

左が↑ 「中道」続行、右が「裏道」↑ へ下り。 ここにも「つっかえ棒信仰」↑ が・・・しかし、これはやり過ぎです。棒も適当すぎて、信仰的なモノが見えません。やはりまっすぐで枝のない、良い棒を使わなければ・・・もはや「薪をくべた」との違いがなく、あとは点火するだけ、みたいな。

 

ちょっとしたガレ場 ↓  に出ると、ロープウェイ下を通過 ↓ (強風で運休)

f:id:wistorian:20190501143947j:plain
f:id:wistorian:20190501143940j:plain

この先から、ステキ岩 ↓  がゴロゴロ。  懲りずに棒が。。。ファイア! ↓   ↓  

f:id:wistorian:20190501143932j:plain
f:id:wistorian:20190501144244j:plain

 岩、岩@ ↓   「3合目」から20分で 「4合目・負レ岩」(H792m)  ↓  

f:id:wistorian:20190501144237j:plain
f:id:wistorian:20190501144217j:plain

 ↓「負かし岩」かと思ったら「おばれ岩」だって。。。上から見ると ↓ こんな感じ。

f:id:wistorian:20190501144227j:plain
f:id:wistorian:20190501144210j:plain

あ、「背負われた岩」ってことか!

 いいねえ ♪↓ ↓  「4合目」から15分で 「5合目・展望所」(H842m)  ↓  

f:id:wistorian:20190501144927j:plain
f:id:wistorian:20190501144950j:plain

ここまで来るとヤシオツツジはまだまだフレッシュで、まさにこのGWがピーク。今回はずっと降っていた・・・というか途中から氷雨というかアラレになったにも関わらず、明るいので写真がよく撮れました。

山頂もず~っと雲に覆われていますが↓ ・・・ふふ・・下界は晴れてますね・・・ ↓ ↓ 

f:id:wistorian:20190501144935j:plain
f:id:wistorian:20190501144943j:plain

  ↓ ↓この、上だけ平らな岩もステキ・・・ お、噂の「地蔵岩」 ↓ ↓

f:id:wistorian:20190501145800j:plain
f:id:wistorian:20190501145753j:plain

「5合目」から20分で「6合目・キレット」(H900m)↓ ↓ さて、どんな切れ目が・・・

f:id:wistorian:20190501150117j:plain
f:id:wistorian:20190501150110j:plain

とここで、いきなりの超・強風。うわわ・・・ヨロける。「キレット」は風の通り道で、鞍部は大体、両側が削げた細道。いま行くと危ないので、戻って岩陰に潜み、風止み待ち。10分ほどで止んだので、ひょこっと岩の向こうに出ると・・・↓ ↓なんだ、大したこと無い。後続者が居ましたが、下から撮るとこんなもの↓ ↓

f:id:wistorian:20190501145745j:plain
f:id:wistorian:20190501145736j:plain

「6合目」から15分で ↓「7合目・かもしか広場」(H990m) (広くなかった

f:id:wistorian:20190501150102j:plain
f:id:wistorian:20190501151045j:plain

確かにこのルート、岩が多くて楽しいです。でも、短い・・・

f:id:wistorian:20190501150054j:plain
f:id:wistorian:20190501151114j:plain

「7合目」から15分で 「8合目・岩峰」(H1,111m) ↑

この後5分程で↓ こんなハシゴが出て、ロープウェイ乗り場周辺に合流。展望台 ↓ 

f:id:wistorian:20190501151106j:plain
f:id:wistorian:20110101182310j:plain

あ~あ、終わっちゃった。。この先は観光エリアです(が、無人

f:id:wistorian:20190501151059j:plain
f:id:wistorian:20190501151052j:plain

一般には御在所「岳」 ↑ で通っているようですが、国土地理院の地図は御在所「山」なので、「御在所山」が正式。

何も見えないのでここからさっさと「山頂→」の標識に従って右手へ進むと、やがてアスファルトの水平道 ↓ に。そして、裏道との合流点 ↓  ↓ 

f:id:wistorian:20110101182708j:plain
f:id:wistorian:20110101182823j:plain

   こっちは「山」になってる ↓

f:id:wistorian:20110101182908j:plain

観光リフト(冬はスキー場)の下 ↓ を通り、冠峰歌(鎌ヶ岳賛歌) ↓  の碑を通って・・・

f:id:wistorian:20110101183103j:plain
f:id:wistorian:20190501151455j:plain

あの階段 ↓ を登ると山頂です。登らずに左手へ行くと ↓  ↓ 長者池と御嶽神社

f:id:wistorian:20110101184010j:plain
f:id:wistorian:20110101184038j:plain

長者池はサンショウウオ生息地らしいので帰りに寄るつもりでしたが・・・この天候じゃ行ってもな~。

長い階段を登ると ↓ 「中道P」から1時間35分で 、一等三角点のある「山頂広場」 ↓  ↓ 

f:id:wistorian:20110101184245j:plain
f:id:wistorian:20110101184356j:plain

リフト駅前なので歌碑やトイレ、ベンチ、色々賑やかですが、無人

f:id:wistorian:20110101184331j:plain

そして看板には「H1,211.95m」とありますが、地図上ではここ、1,209m。

向こうになにやら ↓↓ 小高い部分が見えます 

f:id:wistorian:20110101184752j:plain

    この方位案内標で西方向(奥)の「琵琶湖」方面へ進むと・・・ ↑↑ 

あ・・・ここかなのか、「山頂」(H1,212m) ↓↓  ↓↓   

f:id:wistorian:20110101185041j:plain

岩の上の標は「望湖台」 本来は琵琶湖が見えるんですね・・

一応岩の上にでも立ってみるか、と登ったら、いきなり暴風が吹き荒れ、立っていられないほどに。&アラレが弾丸のように当たってきて痛い痛い。仕方ないのでまた岩陰にしゃがんで、風止み待ち。。。なんか物悲しい・・・

山頂は広くてベンチもあるし、普段はビールか珈琲タイムなんですが・・・・・・

下山だ下山!> <

 

帰りは中級コースという噂の「一の谷新道」で下山する予定でしたが、こんな悪天候時はヤだな。「裏道」もいいかと思いましたが、待てよ、中道は東西に走るルートで、強風は北から来てた。ということは、「中道」の北にある東西走りの「裏道」だって強風に違いない。何が楽しくてあんな台風中継の人みたいなことしなきゃいけないんだ、山で・・・

そうすると選ぶべきは・・・山頂南側の、南北に走る「表道」かな?

 

元来た道を戻って ↓↓ 分岐点で「表道」へ。最初はなだらかな笹道 ↓↓

f:id:wistorian:20110101190036j:plain
f:id:wistorian:20110101190052j:plain

思ったとおり、いきなり無風で静かになりました。
相変わらずアラレは降ってますが、中道のような横からの弾丸攻めではなく、シトシト・パラパラ。楽~。 ↓ 岩場も少なく、「ザレザレ」「ガレ」程度。

f:id:wistorian:20110101190415j:plain
f:id:wistorian:20110101191625j:plain

こちらにもヤシオツツジアカヤシオ)は咲いてましたが↑↑ 、コブシ(タムシバ?)の方が多いかな。登山道上には ↓白い花びらの方が多かった。ツバキは全然無かったようで、中道とはちょっと違う感じ。  右手に沢の音がすると思ったら・・・↓ 

f:id:wistorian:20110101192745j:plain
f:id:wistorian:20110101190923j:plain

        へえ~こちらは渡渉箇所があるんですね ↑ 

上に施設が色々あるから、水場としてはアレですが・・・・・・「表道」、 特異な岩などのイベントポイントが無い分ザレ度が高いので、難易度は「中道」と同程度かもしれません。

大きめの岩があったので、ここで初休憩。珈琲が美味い。もちろん 伊賀で買ったお菓子↓も旨い@ ちなみに気温はこの時点で4℃。

f:id:wistorian:20110101193241j:plain
f:id:wistorian:20190501155316j:plain

でも風が無いし、まだパラパラと アラレってるけど↑、一人だから気楽。

途中追い抜いた若い男女チームは、女の子がもう疲れちゃったようで、雨とザレで滑るし岩多いしで物凄っくペースが遅かった。。。こんな低山なら迷わなければ日のあるうちに帰れますが、北アでアレやられると下山できなくなるもんな~。

しばらくすると眼下にスカイラインがチラチラ見えるようなって、やがて目の前に切り立った展望台みたいなの↓ が出てきました。 R477(鈴鹿スカイライン) ↓  が真下に。

f:id:wistorian:20110101194836j:plain
f:id:wistorian:20110101194907j:plain

「百間滝見晴台」です ↓ 。 更に進むと道は左手に下りて、滝が ↓ 

f:id:wistorian:20110101194915j:plain
f:id:wistorian:20110101195333j:plain

中道が「岩コース」なら、こちらは「水コース」なんですねえ。

下りきると一旦スカイライン(車道) ↓ に出合いました。ちょうどヘアピンカーブのとこ。が、車道には出ず、このまま左手に進み、登山道をくだり続けます ↓  ↓ 

f:id:wistorian:20190501155301j:plain
f:id:wistorian:20190501155931j:plain

再び車道に出合っても ↓  、左へ左へ・・・車道の橋下をくぐって更にくだり ↓ 

f:id:wistorian:20190501155254j:plain
f:id:wistorian:20190501155307j:plain

すると ↓ 石祠や石碑が続々と出てきて・・・ ↓  ↓ 

f:id:wistorian:20190501155248j:plain
f:id:wistorian:20190501155945j:plain

「表道分岐」から40分(50m)で鳥居に到着 ↓  振り返って撮影

f:id:wistorian:20190501155924j:plain

ここが「スカイライン以前」の街道で「表道の登山口」なんですね。ここを←左へ行くと武平峠なので分岐点でもあります。
この直下で三滝川を渡渉 ↓ し、ず~っと左岸をくだり。 ↓ 砂防提を過ぎると

f:id:wistorian:20190501161322j:plain
f:id:wistorian:20190501161315j:plain

「鎌ヶ岳分岐」 ↓  ↓  ちょくちょく車道に近づく↓  あ、こんなとこにもPが!?

f:id:wistorian:20190501161306j:plain
f:id:wistorian:20190501161256j:plain

この区間、車道はすぐ近くに見えて、出ようと思えば車道に繋がる獣道や整備道がありましたが、一度も車道に出ないで併走できました。便利。所々整備されていて、散策路としてもイイ感じ↓ ↓ 

f:id:wistorian:20190501161240j:plain

 初めての橋↓ ↓         登山届ポストには↓ 「ここは三ツ口」。

f:id:wistorian:20190501161932j:plain
f:id:wistorian:20190501161923j:plain

更に下には何かの建物が見えましたが・・・ん?

 ↓ ↓「中道登山道・一ノ谷新道」  車道も見える。中道Pはここだ。。。

f:id:wistorian:20190501161911j:plain
f:id:wistorian:20190501161902j:plain

この道 ↑を登ると、中道登山口の反対側に出ました ↑↑ しかしこちら側には何も目印ナシ。これはわからないわ。↓ ↓ここも路駐して良いらしい。うわ、ツアー団体が↓ ↓ 

f:id:wistorian:20190501162238j:plain
f:id:wistorian:20190501161854j:plain

「表道分岐」から60分でP帰還。

は~ヒドイ登山だった。北アだったら撤退しとるわ・・・

でも、小さい山にしては斜度も岩もいい、アクセスとP事情はかなりイイ。ロープウェイ期間は山頂が人だらけになりそうだけど。もしまた機会があったら、冠峰絶賛の鎌ヶ岳に行ってもいいなあ・・・

なんて帰り支度をしていたら、どんどん明るくなってきて・・・

    晴れた!!? ああっ、ロープウェイも↓↓動いてる;;f:id:wistorian:20190501141506j:plain
AM10:30。Pにはまだまだ余裕アリ。路駐スペースも全然空いていたし、第一この鈴鹿スカイライン、地図に載ってないPが沢山ありますね!?

一体私は・・・何のためにあんな朝早く・・・わざわざ近畿まで来てアラレ・・・

 

しかし、ちょっとガタガタの鈴鹿スカイラインをゴンゴンくだって日野町に着く頃、またしても御在所山頂は黒雲に覆われ、下界でも天気雨状態でした。あの団体さんも、今頃は雨アラレにやられているな・・・

チェックイン時間前にホテルに着いてしまいそうだから、時間つぶしに途中の野洲で三上山に登っていたら、あんな低山(H432m)でも上部ではパラパラとアラレが降っていたし・・・

 

この日は全国的に「晴れ予報だったのに悪天候」だったようで、北アでも遭難相次ぎ4名死亡。撤退する勇気、持ちたいものです。